鹿児島大学医学部は難易度、偏差値、倍率から入りやすい?

鹿児島大学医学部医学科を目指したい、または候補に考えている方を対象に偏差値や倍率から難易度を考察してみました。

また、入試科目やその対策カリキュラム等、受験生の皆さんが気になる情報を紹介します。

鹿児島大学医学部とは?

鹿児島大学医学部は医学科と保健学科に分けられ、鹿児島県鹿児島市に大学キャンパスや付属病院を設けている国立大学医学部です。

地域や国際社会など幅広く活躍できる人材を欲しており、歴史もある医学部です。

定員は107名で前期日程は69名、後期日程は23名、推薦入試で15名という振り分けになっています。

カリキュラムとしては、一般的な国立大学と同じく、一年次は全学部共通の教養科目を中心に履修し、二年次より医学に関する内容の講義が増えていきます。

鹿児島大学医学部の偏差値は?

鹿児島大学医学部医学科の偏差値は66.3となっており、医学部の中では真ん中より少し下の偏差値の高さです。

しかし、偏差値66.3というのは他の学部なども含めると高い偏差値なので、簡単だということではないので注意しましょう。

旧帝大学(医学部を除く)に合格するレベルの偏差値というと、決して偏差値は低くないということが伝わるでしょう。

>>医学部偏差値ランキングと倍率から入りやすい医学部は?

鹿児島大学医学部の倍率は高い?

鹿児島大学医学部の一般入試および推薦入試の倍率は以下の通りです。

年度鹿児島大学医学部医学科倍率(前期)
20184.2倍
20173.3倍
20166.1倍

年度鹿児島大学医学部医学科倍率(後期)
201811.4倍
20173.7倍
201614.2倍

年度鹿児島大学医学部医学科倍率(推薦)
20183.0倍
20173.2倍
20162.5倍

この通り、鹿児島大学医学部の倍率は年度によって大きく変化しますが、基本的には倍率は高いと捉えてよいです。

しかし、鹿児島大学には浪人覚悟で受験する人も多数いるので、倍率は高くなりやすいです。

2017年の後期日程の倍率が低すぎたのでデータの間違いかと思い、公式HPで調べてみましたが、受験者数が90名弱しかいませんでしたので間違いではなさそうです。

正直この年に何が起こったのかはわかりませんでしたが、このようなことは異例であり、滅多に起こらないと考えてよいでしょう。

>>国公立医学部の後期試験でおすすめの穴場大学は?

鹿児島大学医学部の難易度は偏差値や倍率から考えると

鹿児島大学医学部医学科の偏差値、倍率から難易度を考察してみると、若干易しめという結論に至りました。

偏差値的には医学部の中でも中間よりということと、ダメもとで出願する受験生がいることで倍率が上がっていることを考慮して結論を出しました。

易しめといっても飽くまでも、“医学部の中では”易しいということをお忘れなく。

全体的にみると難易度は高いです。

>>医学部の偏差値(難易度)はあてにならない理由、3選

鹿児島大学医学部の入試概要

浪人生、再受験生には厳しい医学部となっていますので現役生には狙いやすい医学部です。

>>医学部再受験に寛容な大学|多浪や浪人でも年齢差別がないのは?

入試科目は前期が数学、英語、理科二科目、面接。

センター試験と二次試験の比率は900:920となっています。

後期は小論文と面接。

センター試験と二次試験の比率は900:320となっています。

前期日程では、センター試験と二次試験の配点がほぼ同じなので、センター試験対策と二次試験対策のバランスを保ちながら勉強を続ける必要があります。

地方国立大学の医学部入試でよくみられる「センター試験で逃げ切り」といったことはできなので注意しましょう。

各科目の対策について紹介します。

数学

数学では証明問題が頻繁に出題され、難易度は標準~難問まで幅広く出題されます。

なので、数学の対策ではチャートなどの幅広い問題が載っている網羅系の問題集を使って行いましょう。

採点が厳しいと噂されているので、添削などをしてもらいましょう。

英語

英語の難易度はそこまで高くはないのですが、数学と同様に採点が厳しいと言われているので、英作文問題についてはしっかりと先生に添削してもらいましょう。

特に、自由英作文では90~110字くらいの課題を先生に指定してもらい、練習するのが良いでしょう。

長文に関しては、学校の演習プリントを真面目にこなし、復習をしっかりしていれば解ける難易度だと思います。

理科

理科に関しては、化学、生物、物理の三科目とも標準的なレベルの問題が殆どです。

化学に関しては少し難しい問題がありますが、そこで差がつくのだろうと僕は考えています。

標準レベルの問題が多い入試では、ミスの少なさと難問でどれだけ点数を稼げるのか、という点が重要になります。

面接

最後に、面接についてです。

面接はなんと120点分の配点があります。

しかも面接の採点は厳しく、下手すると40点しか取れない、といったこともあるようです。

面接内容も面接官の納得がいく返答をしないと、論理の穴などをかなり突っ込んでくるようです。

なので、面接対策にはかなり時間をかけ、穴のない受け答えができるようにしましょう。

後期日程では、小論文対策をしっかりと行う必要があります。国語の先生などに添削してもらいましょう。

なにより、センター試験の配点が大きく、倍率も高いので、センター試験の得点率が九割以上ないと、まず受かる見込みはないでしょう。

最後に

ここまで長い文章を読んでくださりありがとうございました。

鹿児島大学医学部についてお役に立てる情報を発信できたのならば本望です。

医学部合格までの道は険しいですが諦めずに頑張ってください。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする