二次試験で逆転する3つの秘訣!センター試験失敗した方へ!

「センター試験で失敗してしまったー。」

「どうしよう。今年はあきらめるしかないの?」

と悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

でも、あきらめたらその時点で終わりですよ。

そんな方のために2次試験で逆転する方法について

記事を書きました。

お役に立てれば幸いです。

二次試験で逆転する3つの秘訣

1. とにかく最後まであきらめない

センター試験で失敗したからといって、まだ志望校に不合格になったわけではありません。

僕の知り合いでもセンター試験7割~8割しかなかったのに合格できたって人はたくさんいる

んです。

では、なぜその人たちはセンター試験で失敗したのに合格できたのでしょうか?

それは

最後まであきらめなかったから

なんです。

センター試験で失敗してやる気がでなくなってしまった。

と2次試験までだらだらと時間を過ごしてしまう人は多いのではないですか?

それよりも、最後の最後まであきらめずに努力をし続けた人に

受験の神様は微笑みかけてくれるのではないかと僕は信じてます!

とにかく、試験が終わる最後の一秒まで全力で受験に取り組んで

悔いの残らないようにすることが2次試験で逆転する最大の秘訣です!

2. 面接対策を徹底的にする

医学部では、2次試験で面接がありますよね。

この面接は人によって50点とか大きな点数差がついています。

今から英語や数学を勉強しても伸びる点数はたかがしれてますよね。

でも、面接は、ちゃんと準備さえすればすぐに点数が伸びるんです!

本やネットで過去の質問を2時間程度調べて、質問に対する自分なりの答えを考えます。

後は、その答えをすらすらといえるようになるまで練習するだけです。

5時間もあれば、面接対策はばっちりできちゃうんです。

たった5時間の対策で50点も点数が変わることもあるのが面接の恐ろしいところです。

でも、それだけやれば合格がぐっと近づいてきますよ。

医学部面接対策に!よくある質問とうまい答え方

なめたら落ちる!医学部受験生のための2次試験面接対策

3. 科目、分野をしぼって苦手科目を克服する

残りの時間は限られています。

勉強した時間をうまく点数に結び付けていきたいところです。

そんなときは、赤本を見て毎年出てる分野を探しましょう。

それで、その分野にしぼって勉強するとよいでしょう。

そうすると、その分野では、得点率がアップすることになるでしょうから。

また、自分が苦手な科目に時間を多く使うのもいいですね。

やはり、苦手科目の方が伸びしろがありますから、どたん場でもぐんと

伸びる可能性があるからです。

まとめ

どんな対策をするにしてもやっぱり一番重要なのは最後まで自分を信じて

頑張りきることです。

最後まで自分が合格するのを信じれたものだけが合格することができるんです。

僕は読者の方を応援しています。

このブログはあなたの味方です。

この一年を悔いの残らないものにするために、あなたが最後まで全力で

頑張れることを願っております。

センター試験に失敗した方へおすすめの記事です!

センター試験失敗した人でも逆転できる!!センター試験の配点低い医学部ランキング

センター試験 国語の配点が低い(圧縮)医学部ランキング

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする