センター試験失敗した人でも逆転できる!!センター試験の配点低い医学部ランキング【受験】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-shared-img-thumb-AME895_onsengai_TP_V

「センター試験で失敗したー。そそーもう1年浪人かー。」
なんてまだ諦めるのは早いです。
「諦めたら試合終了ですよ」
センター試験で失敗しても2次試験で逆転が十分可能なんです。
どこの大学でもセンター試験は80%くらいだったけど2次試験で逆転したよって
人がいるんですよ。
「でも、センター試験で失敗した人はどこを受ければいいの?」
っていう人のためにセンター試験の配点低い医学部ランキングを作りました。
志望校選びの参考にしていただけれら幸いです。

ただし、国語で失敗した方はこちらの記事の方が参考になりますよ。
センター試験 国語の配点が低い医学部ランキング

センター試験の配点が低い医学部ランキング

第12位 山梨大学 医学部 (センター試験割合40%)

総得点センター試験2次試験
20008001,200

センター試験の割合が少ない大学は旧帝医学部などが多く比較的難易度が高いので、
山梨大学はセンター試験を失敗した方でも狙い目ですね。面接が点数化されないというところも
再受験生にとっては注目したいところです。

第12位 岐阜大学 医学部(センター試験割合40%)

総得点センター試験2次試験
20008001,200

岐阜大学も山梨大学と同じ配点でセンター試験の割合が40%となっています。
特に岐阜大学は、「センター試験 国語の配点が低い医学部ランキング」にも
上位に位置しているので、センター試験が失敗して、特に国語の得点が低いと
いう方には最もおすすめできる大学となります。ここも面接が点数化されない
ので再受験生にとっては注目したいところ。
再受験寛容度ランキングでは「かなり寛容」に位置しています。

第10位 金沢大学 医学部 (センター試験割合39.1%)

総得点センター試験2次試験
1150450700

日本で3番目にできた医学部です。
関連病院が石川県はもちろん、隣県にも及ぶほど力を持っています。
再受験生に対してもかなり寛容なので再受験生にもおすすめの医学部。
センター試験割合は39.1%となっています。
地元の方、再受験生はぜひ検討してみてはいかが。

第10位 九州大学 医学部 (センター試験割合 39.1%)

総得点センター試験2次試験
1150450700

金沢大学と同じ配点で同率10位に輝きました九州大学。
とうとう旧帝国大学が入ってきましたね。
旧帝は難しい2次試験を課して、センター試験の配点を少なくすることで受験生を
選別しています。
いくらセンター試験が悪かったからって九州大学につっこむのは得策ではないでしょう。
もちろん2次試験の得点力が凄まじいなら別ですが、普通の方は受験校の候補から
外しましょう。

第9位 北海道大学 医学部 (センター試験割合 36%)

総得点センター試験2次試験
825300525

九州大学に次いでランクインしたのが、北海道大学です。
ここも旧帝大学で、かなりの難易度を誇ります。
面接が75点と点数化され、40~70点と結構差がつけられるので
面接が得意な方、経歴が良い方向きの大学です。
センター試験を失敗したかといって出願する大学ではないでしょう。

第8位 名古屋大学 医学部(センター試験割合 35.2%)

総得点センター試験2次試験
25509001,650

名古屋大学では、2次試験で国語が課されるのが特徴的。
センター型の国語は苦手だが、記述式の国語なら得意という方なら有利でしょう。

第5位 熊本大学 医学部(センター試験割合 33.3%)

総得点センター試験2次試験
1200400800

2015年より面接が200点満点で点数化されています。
残念ながら、学力一発勝負ではなくなってしまいました。

第5位 広島大学 医学部(センター試験割合 33.3%)

総得点センター試験2次試験
27009001,800

再受験には厳しい大学の1つ。
新聞記事にもなった「解剖学の試験で120人全員が不合格事件」のあった大学。

第5位 東京医科歯科大学 医学部(センター試験割合 33.3%)

総得点センター試験2次試験
540180360

再受験には厳しい大学です。
東京に位置することもあり立地は最高ですが、難易度がかなり難しい。

第4位 千葉大学 医学部(センター試験割合 31%)

総得点センター試験2次試験
14504501,000

「1科目でも平均点以下の科目があると不合格」と明記されています。
苦手科目がある方にはおすすめできません。
面接点は100点満点。再受験には「厳しい」。

第3位 東北大学 医学部(センター試験割合 20.8%)

総得点センター試験2次試験
1200250950

面接が200点に点数化されているが、再受験には「寛容」です。

第1位 京都大学 医学部(センター試験割合 20%)

総得点センター試験2次試験
12502501000

京都大学は再受験に「寛容」とされているが、
過去に面接が0点とされた再受験生がいることが知られています。
この受験生が面接でよほどのことをやらかしたのか、または
京都大学が実は再受験に厳しいのかは定かではありません。

第1位 東京大学 医学部(センター試験割合 20%)

総得点センター試験2次試験
550110440

言わずと知れた最高学府。
ここは完全な学力一発勝負ができる大学。
日本一の頭脳が集まってきます。
最高峰に挑戦したい方は受けてみては。

センター試験国語で失敗した君へ

まだ、あきらめてはいけないよ。
僕の友達で国語が100点くらいで医学部に合格した人はざらにいるからね。
そういう君はセンター試験国語の配点が低い医学部に出願してはどうだろうか?

センター試験失敗しても大丈夫!私おすすめの国公立医学部

センター試験に失敗した方へ私がおすすめの医学部まとめました。
受験校選びの参考になると嬉しいです。

センター試験失敗した方へ!二次試験で逆転する3つの秘訣!

あきらめるのはまだ早い!
2次試験で逆転する秘訣教えます。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク