鳥取大学医学部は難易度、偏差値、倍率から入りやすい?

鳥取大学医学部医学科を目指している、または受験を検討している方を対象に偏差値や倍率の観点から難易度を考察してみました。

また、入試科目やその対策、カリキュラム等、受験生の皆さんが気になる情報を紹介します。

鳥取大学医学部とは?

鳥取大学医学部は医学科、生命科学科、保健学科の三つに分けられ、鳥取県米子市に大学キャンパスや病院を構えている医学部です。

地域医療に力を入れていますが、地域だけでなく国際的に活躍できる人材を育成することを目標としています。

定員は105名で前期で65名(22名は地域枠)、後期は20名、推薦は20名という割り当てになっています。

カリキュラムとしては1~3年次までは全学部共通の教養科目を履修する必要があり、1年次などはそちらの方を中心に履修しますが、一年次からもある程度の専門科目を学べます。

>>国公立医学部の後期試験でおすすめの穴場大学は?

鳥取大学医学部の偏差値は?

鳥取大学医学部医学科の偏差値は66となっており、医学部全体では平均よりほんの少し下の偏差値となります。

旧帝大学の工学部と同じレベルの学力が求められるので、大学入試全体で考えると高めの偏差値と考えることができます。

後期試験では偏差値は70近くまで跳ね上がることも頭に入れておいてください。

>>医学部偏差値ランキングと倍率から入りやすい医学部は?

鳥取大学医学部の倍率は高い?

鳥取大学医学部の倍率は以下の通りです。

年度鳥取大学医学部医学科倍率(前期)
20187.9
20175.0
20166.0

年度鳥取大学医学部医学科倍率(後期)
20188.5
20174.4
20166.9

年度鳥取大学医学部医学科倍率(推薦)
20183.1
20173.3
20163.0

この表から見ると、鳥取大学医学部医学科の倍率は高いと判断することができます。

前期、後期ともに倍率が高いですが、受験層のレベルがそこまで高くないということもあり、倍率が上がっている可能性があります。

鳥取大学医学部の難易度は偏差値や倍率から考えると

鳥取大学医学部医学科の難易度は、倍率や偏差値から考察してみると平均的な医学部の難易度となります。

倍率は高いですが、異常なほどの高さでもなく偏差値も平均的であるところを考えると妥当な評価だと思います。

平均的な医学部の難易度はかなり高いので、平均的だと思って甘く見ないようにしましょう。

>>医学部の偏差値(難易度)はあてにならない理由、3選

鳥取大学医学部の入試概要

鳥取大学医学部医学科は浪人生や再受験生に寛容なので、現役生の方はライバルが増えるという意識を持ちましょう。

>>医学部再受験に寛容な大学|多浪や浪人でも年齢差別がないのは?

前期試験や推薦入試での地域枠が設けられているので、こちらでの入学も視野に入れるのも賢い選択です。

一般入試科目前期日程は数学、英語、理科二科目(2018年から)、面接。

センター試験と二次試験の比率は900:700。

後期日程では面接のみ。

センター試験と二次試験の比率は900:100です。

センター試験の配点が高く、対策する際は9割以上を狙う気持ちで抜け漏れが内容にしっかり勉強しましょう。

また、2018から理科が二次試験科目として追加されたので、二次試験の勉強もしっかり行いましょう。

センター試験対策と二次試験対策のバランスが合否を分けそうです。

鳥取大学医学部の各科目の対策

数学

数学は医学部専用の問題が出題されますが、難易度は平易であり、途中までは他の学部と同じ問題なので医学部を目指して勉強してきた受験生なら解ける難易度です。

医学部独自の問題では、いかに誘導に上手く乗れるかが勝負で、日頃からあらゆる誘導にも対応できるようにしましょう。

対策としては、青チャート一冊を完璧に仕上げる事と、別解を大切にすることです。

誘導問題では、自分が普段解いてる解き方と異なる解き方で解答することが求められるので、別解を把握することで様々な解き方に対応できるようになります。

英語

英語に関しても難易度は標準的であり、問題数もそこまで多くないので時間的にも余裕のある教科です。

和訳や英作文がやや長めに書かなければならないためにしっかりと練習する必要があります。

対策としては、過去問を研究し、解いた問題は英語の先生に添削してもらいましょう。

理科

次に理科に関してですが、理科は今年(2018年現在)から追加された科目なので、医学部ではどのような問題が出題されるかが不明です。

しかし、他の教科やの難易度や、他学部の理科の難易度が易しめの問題のため、そこまで難しくなることはないと思います。

物理に関しては、まれに難しい問題が出題されているので万遍なくしっかりと勉強しましょう。

面接

面接は比較的和やかな雰囲気で行われ、圧迫面接と程遠いそうです。

基本的な質問(志望理由)等しか質問されないので、しっかりと受け答えできる練習を行いましょう。

学校の先生などに相手をしてもらうと良いでしょう。

最後に

ここまで長い文章を読んでくださりありがとうございました。

この記事が受験生の皆さんのお役に立てれば光栄です。

これからも勉強を頑張ってください、応援してます。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする