医学部受験でおすすめの英単語帳は?【Q&A】

医学部受験でおすすめの英単語帳は?

読者の方からいただいた質問に答えるために、この記事を書きました。

今回は、医学部受験でおすすめの英単語帳をテーマにお話をさせていただきます。

同じように、医学部志望者で、英単語帳がどれがいいのかわからないという方に役立つ内容となるでしょう。

Q. 医学部受験でおすすめの英単語帳は?

自治医科大学を志望している高校1年生です。
英語の単語帳について質問したくて、メールをさせていただきました。
学校で配られた”システム英単語BASIC”、塾の先生に勧められて買った”鉄壁” 、中学生のときに受験の時に使うと思って買った”ターゲット1900″、学校の先輩からいただいた”速読英単語必修編”があります。
どれも素晴らしい単語帳で、どれを使えばいいか迷っています。
高校1年生の間にできるだけ多くの単語を覚えたいと思っているので、返信よろしくお願いします。
一応、システム英単語BASICを今やっています。

今回は、医学部志望者で高校一年生の読者の方から、英語の単語帳がどれがいいかという質問をいただきました。

この質問に回答をさせていただきます。

同じように英単語帳がどれがいいかについて迷っている方にも参考になるでしょう。

A. 今やっている英単語帳でOK

システム英単語BASICをやっているのであれば、システム英単語BASICをやりこみましょう。

理由としては、すでに取り組んでいるということと、システム英単語シリーズ自体がかなり良い単語帳だからです。

システム英単語シリーズは、受験英語を大量に分析して、よく出る単語を頻度順に掲載した単語帳になります。

なので、最初に取り組む英単語帳としてはベストです。

覚えたら覚えただけ英語が読めるようになるので、やる気も出ますよ。

もちろん、医学部志望ならこの後に、システム英単語(Basicではないもの)にも取り組む必要があるでしょう。

といっても、次の単語帳に進むときは、すでに覚えた単語は飛ばせばいいので、全然負担になりませんし、覚える量もかなり少なくなるので、めちゃくちゃ楽に感じるでしょう。

一冊目が大変です。

なので、一冊目の単語帳は徹底的にやり込むようにしましょう。

これを徹底的にやり込むと後々楽になりますよ。

✅ 英語の勉強法についてまとめたこちらの記事もおすすめです。

関連記事 医学部合格のための英語勉強法・おすすめ参考書10選

最初の1ヶ月(高校生は最初の2~3ヶ月)は英単語帳だけをやるべき?

英語は医学部受験で勝負科目ですし、その中で英単語は基本中の基本なので、英単語はしつこいくらい繰り返しアウトプットをして覚えていくことをおすすめします。

高校一年生であれば、学校と並行して勉強する場合、最初の2~3ヶ月(浪人なら最初の1ヶ月)は英単語帳だけを徹底的にやってもいいくらいです。

むしろ、最初は、文法や解釈や長文読解はやらない方がいいでしょう。

いろいろやると全部中途半端になりますから。

それだけ、英単語を覚えるのは重要度が高いですし、労力がかかる大変な部分なのです。

まずは、英単語を覚えることだけに集中した方がいいと思います。

私も早稲田大学を受験するときに、英語をゼロから勉強したときは、宅浪だったので、丸一日時間があったのですが、初めの1ヶ月はほとんど英単語帳ばっかりしていました。

ちなみに、システム英単語を使っていて、1日100語ずつ覚えて何回も何回も繰り返して暗記しましたね。

ゼロから1日100語覚えるっていうのは、案外大変で、いろいろな工夫をしてやっと覚えれた感じです。

例えば、start 始まる、start 始まる、start 始まる、start 始まる・・・と何度も暗唱して、覚えたり、1ページ進むごとに最初からアウトプットして間違えたら最初からまたアウトプットするとか。

どうしても覚えられないものは語呂合わせを作って、意味を与えることで覚えたりとかいろいろしていましたね。

このように、英単語を覚える最初の方は、何も知識がない状態なので覚えるのが特に大変です。

英単語の知識のストックが増えてくると、re-などの接頭辞や接尾辞などから考えたり、同じ意味の言葉をまとめたりと覚えやすくなる場合もあるので、最初が一番大変になります。

一定期間、1つのことに特化して勉強すると効率がいい?

一定期間、1つのことに特化して勉強することをおすすめします。

英語の勉強だったら、最初の2~3ヶ月(浪人なら最初の1ヶ月)は、英単語だけを徹底的にやるといった感じです。

人間ってたくさんのことを同時並行してやると効率が下がります。

一つのことに集中してやったほうが、こうした方が覚えられるかなとかいう工夫も思いつきやすいです。

また、英単語帳を一冊極めると、マーク模試の点数が60→140点といった感じに一気に上がるのでやる気も出るでしょう。

英語の勉強の肝は英単語の暗記ですから、最優先にやった方がいいですよ。

まとめ
・システム英単語を最初にやるのはおすすめ
・最初は英単語を覚えることだけに特化して勉強した方がいい
・解釈や文法などの他の英語の勉強を並行してやると全部中途半端になる
・英単語を覚えるのは、かなり労力がいるので一定期間、特化すべき

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする