スポンサーリンク

医学部はつらいのか考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学部がつらいと検索している人が多いようなので医学部は本当につらいのか?をテーマに考えてみました。

スポンサーリンク

医学部はつらいのか?他の大学生よりはつらい!

医学部はつらいのでしょうか?

結論から言うと、おそらく他の大学生と比べるとつらいですね。

大学の文系学部は基本的に遊びまくっています。

出席もほとんどとらないし、テストも簡単です。

それと比べると、医学部はテストも難しいし、出席も必要だから。

でも、これは得るものが違いますから仕方がないのです。

医学部を卒業すれば医師になって高収入と高い地位につくことができます。

医学部でのつらい勉強はそれに対する代償なのです。

人生楽して何かを手に入れることはできないんですよね。

一方、大学時代に遊びまくっていた文系学生は就職活動で泣きをみることになります。

文系学部だと資格も何も得られないので就職が決まらず路頭に迷う人も多いのです。

就職しても自分が本当にしたい仕事につくのは難しく、仕事に対して満足できることは少ないと思います。

そして、つらい社会人生活が続くのです。

結局だれしもどこかで苦労や努力をする必要があるのでしょう。

それが早いか遅いかだけの違いだと思います。

医学部は大変なのか?どれくらい大変なの?
医学部は大変だとよく耳にしますが、本当に大変なのか? また、どれくらい大変なのか?をテーマにお話をしたいと思います。 私...

医学部は田舎にあるからつらい

私は早稲田大学を卒業してから医学部に入ったので都会の学生と田舎の医大生を両方経験しています。

やはり田舎にある医学部はつらいと感じますね。

どうつらいかというと

  1. お店が少ない
  2. 遊ぶところが少ない
  3. バイト先も少ない

などたくさんあります。

田舎だとご飯食べるお店や遊ぶ場所、バイト先とすべてにおいて選択肢が少ないのです。

なので、いつも同じ店ということになりますね。

そうすると、飽きるのでつらいということになってきます。

一方、都会だと何でもありますからね。

都会の医学部は楽しいのではないでしょうか。

でも、これは医学部に限ったことではないですよ。

社会人になって大手金融機関なんかに勤めると、転勤で田舎に飛ばされることなんてよくあること。

そしたら社会人つらいって検索するんですか(笑)

自分でその医学部を選んだわけですからつらいっていうのは間違いですよ。

社会人になると働く場所も選べませんからね。

全然医学部生は恵まれていると思います。

医学部は閉塞的でつらい

医学部は閉塞的でつらいです。

これは田舎にあって他に人との出会いもないのでしょうがないでしょう。

多くの医学部は他の学部と別のキャンパスにありますから、他の学部との交流もほとんどありませんからね。

でも、バイトをしたり、学校以外の人と知り合うチャンスも行動すればありますよ。

閉塞的でつらいと言っているひまがあるならバイトなりなんなり、外に出かけましょうよ。

もっとポジティブに生きた方が人生楽しいですよ。

医学部はつらいが楽しいこともある

医学部の勉強は楽ではありません。 もちろんつらいこともあります。

でも、それだけ価値のあるものを目指していると私は思うのです。

世の中簡単に手に入るものに価値なんてありません。

苦労して手に入れたものほど、貴重なものであることが多いです。

医学部がつらいということはそれだけ価値があるということ。

卒業して医師になれば人のためになる仕事ができるし、報酬だって高いです。

自分にとっても他人にとってもいい仕事ってなかなかないと思いますよ。

つらいけど目指す価値があるのではないでしょうか。

物事はプラスに考えるかマイナスに考えるかですべて変わってくるものなんですよ。

もっとポジティブに生きた方が人生上手くいくと思います。