TOEICトイレ退室はいいの?行くとどうなる?トイレ対策5選

TOEICトイレ事情について調べてみました。

TOEIC本番でトイレに行きたくなったらどうすればいいのか?

そして、もしTOEIC本番でトイレに行くならどのような手順を踏むのか?

こういった疑問についてお答えする記事となっております。

✅ TOEIC対策本で断トツでおすすめなのがこちらです。

TOEICでトイレ退室はそもそもOKなの?

TOEICでトイレ退室はしても大丈夫です。

問題なく戻ってきてTOEICテストを続行することができます。

TOEIC公式サイトでトイレ退室について書かれている文章を紹介しておきましょう。

Q 持病があります。試験中トイレに行きたくなったら、退室できますか?

A 12:30以降の退室は認められません。試験中に体調不良でやむを得ず退室される場合は、手を挙げて試験官にお知らせください。ただし、席を離れたことによる試験時間の延長は認められません。

出典:TOEIC公式サイト よくある質問

TOEICテスト自体は13時から始まるのですが、12時35分から試験の説明や音テストがあるので、実際にはトイレは12時30分までに済ませておかなければいけません。

こちらがTOEICテスト当日の流れになります。

TOEICテスト当日の流れ

11:45~12:30受付
12:35~13:00試験の説明・音テスト
13:00~15:00試験開始~試験終了
15:00~15:15問題用紙・解答用紙の回収
15:15(予定)解散

出典:TOEIC公式サイト テスト当日のご案内

ただそうはいっても、12時30分ぎりぎりにトイレを済ませたとしても、問題用紙と回答用紙の回収が終わる15時15分くらいまでトイレを我慢する必要があるわけです。

これって結構きついですよね。

昔は12時30分以降にトイレ休憩があったようですが、近年廃止されたそう。

また、注意点なのですが、TOEIC本番中にトイレに行くことは可能ですが、リスニング中にトイレに行くのは周りの人に迷惑をかけるので禁止とのことです。

どちらにせよリスニング中にトイレに行ってしまうと、トイレに行っている間に流れた問題を完璧に落とすことになりますから行くべきではないですよ。

なので、TOEIC本番でトイレに行く必要のないようにTOEICトイレ対策を紹介したいと思います。

関連記事 TOEIC試験時間と当日の流れ、注意点について

TOEIC本番でのトイレ退室の手順は?

TOEIC本番は緊張しますし、冬だったりするとトイレが近くなる人も多いはず。

もし、TOEIC本番でトイレに行きたくなったとしたときにどうすればいいかを知っておいたら安心ですね。

なので、TOEIC本番中にトイレに行く手順を紹介したいと思います。

トイレに行きたい

手をあげる

試験監督がくる

筆談でトイレに行きたいと伝える

「試験内容を漏洩しない」という書類にサインする

トイレに行く

席に戻る

TOEIC本番でトイレに行くのはこのような手順を踏まなければいけません。

なので、確実に5~10分は時間を失うことになります。

TOEICテストは分量が多くほとんどの人が時間が足らないテストです。

なので、この5~10分の時間のロスでスコアは確実に落ちることでしょう。

トイレに行ったから自分の本当の実力が出せなかったなんてことにならないように、TOEICトイレ対策を行うことをおすすめします。

関連記事 2か月半で新形式TOEIC800点を超えた音読勉強法!参考書はたった4冊

TOEICトイレ対策5選 これで安心!スコアもアップ!

TOEIC本番でトイレに行くことのないようにする方法を紹介したいと思います。ここまでやれば試験中にトイレに行きたいと思うことはなくなるので、試験に集中できるでしょう。

結果的にTOEICスコアもアップすること間違いなしですよ。

1. 試験直前12時50分くらいにトイレに行く

TOEICでは12時30分から試験の説明と音テストがあります。

そして、それが終わると試験問題が配布されます。

すると、10分くらい何もない時間があるんですね。

この時間、つまり12時50分に手を挙げて試験監督にトイレに行きたいということを伝えましょう。

普通にトイレに行くことができます。

ちなみに、このときはまだ試験が始まっていないので、声を出して話しても大丈夫です。

ただし、試験がすぐに始まるのでさっさと済ませて確実に55分くらいには試験会場に戻ってこれるようにしましょう。

そのために、事前に一番近いトイレの場所をチェックしておくことをおすすめします。

2. 前日夜から水分を控える

TOEIC本番でトイレに行かないようにするために、前日夜から水分を飲むのを控えることをおすすめします。

さすがに全く飲まないのも体に悪いので、晩御飯で味噌汁を飲まないとか、水は一杯だけにするとか普段より水分の摂取量を少なくするだけでもいいでしょう。

3. カフェインの入った飲み物を飲まない

コーヒーや緑茶などに入っているカフェインには、利尿作用があります。

なので、カフェインが含まれている飲み物を飲むとトイレに行きたくなるのです。

そのため、試験当日はカフェインの入ったコーヒーや緑茶は飲まないように注意しましょう。

コーヒーにカフェインが入っていることは有名ですが、緑茶にカフェインが入っているとは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

4. 塩分を取りすぎない

塩分をとりすぎると、体に水分が多くためこまれるため、トイレが近くなるというデータがあります。

なので、試験前日の食事から塩分は控えめにすることを意識するといいでしょう。

ポテトチップスなどのお菓子は控えたほうがよさそうです。

5. 試験当日の午前中に軽く運動する

試験当日に運動をして軽く汗を流すことで、体の水分量を減らしておくのもいいかもしれません。

TOEICトイレ対策という目的でなくても、軽い運動は脳を活性化させますから、TOEICスコアアップに良い影響があるかもしれませんよ。

関連記事 新形式TOEIC800点とるためのパート別 解き方と対策

TOEIC

TOEICで結果が出たら英語力を活かした転職がおすすめ

TOEICで高得点が取れたら、英語を活かす仕事に転職することをおすすめします。

あなたのような高い英語力のある人材は限られています。

外資系企業は高収入であることが多いため、転職すると今よりも高収入になる人が多いです。

本気で英語を使う仕事に転職をすることを考えているなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

英文レジュメの添削や英語での面接対策などのバックアップが受けられるので、スムーズに転職活動を行うことができるのです。

おすすめの転職エージェントはJACリクルートメント。

外資系への転職はJAC Recruitment

JACリクルートメントは、英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職などの案件に強いんです。

JACリクルートメントのサイトに求人情報も載っていますが、本当に高収入の案件は非公開とされています。(60%が非公開案件)

おいしい話はおおやけには出回らないものなんです。

なので、本気で転職をお考えの方は一度無料登録をしてみるのがおすすめ

海外事業関連の転職はJAC Recruitment

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする