中央大学の評判を卒業生に聞いてみた

中央大学の評判中央大学の評判を卒業生に聞いてみた。

中央大学の評判について、学生生活、就職先、良いところ、悪いところなどを卒業生にインタビューしました。

中央大学を志望校として考えている人の参考になる内容になっています。

出身大学、学部、学科は?

中央大学 文学部 人文社会学科 東洋史専攻

中央大学の学生のレベルは?

学部によっても大きく異なりますが、文学部は早稲田大学落ちや首都大学東京落ちが多いです。

他学部よりも推薦が取りやすいので、推薦で入ってくる人数も多いです。

中央大学の評判は?

友人や親からの評判は高いです。

歴史も長く、MARCHという名前でも知られているので、中央大学という名前を出して通じないということは今の所経験したことはありません。

特に法学部が有名ですが、その恩恵で他学部も評価が上がっている節があります。

アルバイトでは塾講師をやる学生も多いですが、アルバイト先によっては中央大学だといえば面接が合格になるところも多いようです。

特に個人で経営しているような会社のアルバイト面接ではそのような傾向にあります。

就活の面接でもMARCHレベルで足きりという会社も少なくないですが、当然その足きりには合わないので、その点でも社会からの評価は比較的高いと思います。

周辺大学生やバイト先でのコンパなどでも、中央大学生であるというと悪い評価は受けません。

職場でも悪い評価は受けにくいと思いますが、MARCH以上の人が働く職場に就職する人も多いので、特別高く評価を受けるのはあまりないです。

中央大学はどんな学生が多い?

付属高校が東京都内に2校あるため、学部によらず比較的多い割合で内部進学の学生がいます。

理工学部がある後楽園キャンパスの周りは栄えていますが、文学部や法学部などその他多くの学部がある多摩キャンパスは自然に囲まれた立地になっておりあまり栄えていません。

そのため、地元から通うというよりは他府県から進学してくる人、都内に住んでいても遠くから通ってくる人が多いです。

中央大学の学生生活の様子は?

自分の専攻以外の科目も受けることができるため、幅広い学習ができます。

文学部の人文社会学科はフランス語や中国語などの語学専門の専攻、東洋史や日本史などの歴史専門の専攻、哲学専攻、心理学専攻など、特に専攻の幅が広いです。

履修の状況や科目にもよりますが、他専攻の授業も卒業単位に含まれる場合も多く、むしろある程度必修として他専攻の授業を受けなければならないので、授業が多すぎて卒業が心配などという不安はなく、安心して他専攻の授業が受けられます。

食堂はとても充実しています。

定食や麺類などさまざまな食事を取り揃えた一般的な学食ももちろんありますが、他にもバイキング形式の学食、寿司専門の学食、麺類専門の学食などが揃っており、レベルの高い食事が食べたいという人でも十分に満足できます。

サークル活動はとても盛んですが、部活動ではより好成績を残しているところが多いです。

高校からの部活の推薦で進んでくる人も多く、高校時代の成績による入部制限がある部もあります。

中央大学の就職先は良い?悪い?

文学部からは教員になる人が多いです。

正規雇用の教員として就職する人もいますが、狭い門であるため非常勤講師などの形で教員になる人が多いです。

教育学専攻もありますが、それ以外の専攻でも教職課程を履修することが可能であるため、多くの人が履修しています。

どこの大学でも教員免許を取るための必要単位は多いものだと思いますが、中央大学も同様です。

その単位は基本的には卒業単位に含まれませんが、文学部の各専攻の必修単位と重複している必要単位も多く、文学部生であればそれほど大変な思いをしなくて済みます。

教職課程の履修者が多いのは恐らくこれが原因で、その結果教育関係の仕事に興味を持つようになる人が多いです。

教員以外では銀行系などの業界に就職する人が多いですが、それ以外はバラバラな印象です。

しかし、そのほとんどの就職先がレベルの高い就職先だと思います。

私のサークルの同期や同じ学部や専攻の同級生が就職した具体的な会社名でいえば楽天、Amazon、Canonなどです。

中央大学の良かったところ

学生の学びをサポートしてくれる体制が整っているところが良いところです。

海外へ行って自分が学びたい分野の研究をしたいという学生には、その費用を大学が無償で出してくれるという制度があります。

この制度を利用して、日本で史料を読んだりするだけでは決して得られなかったであろう知識や貴重な経験をする学生が多いです。

もちろん審査はありますが、学習したいテーマがきちんと理にかなっていて、そのテーマへの意欲が認められれば大学は背中を押してくれます。

中央大学の悪かったところ

交通の便が悪いことが最も嫌だったことです。

中央大学・明星大学という多摩都市モノレールの駅が大学内にあり一見便利なようですが、逆にいえばそれ以外の交通手段に乏しいです。

京王線の多摩センター駅、高幡不動駅などが大学から近く大きな鉄道の駅になりますが、どちらも徒歩では40分以上はかかります。

また、モノレールは天気の影響で止まることも多く、急がなければならない授業や遅刻してはいけない時などはとても不便です。

中央大学に通ってみてどうだったか?

サークル活動や同じ専攻の同級生との時間を多く過ごすことができ、人生の中でもトップクラスに楽しい時期になりました。

楽しいだけでなく、多くの知識を身につけたり多くの経験をすることができ、とても有意義な時間を過ごせました。

中央大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

幅広い分野の学習ができるため、今は目標ややりたいことが見つからなくても必ず卒業までには見つけることができると思います。

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする