新生児、乳児、子供の呼吸数が早い、多い理由は?なぜ?

新生児や乳児は大人よりもかなり呼吸数が多いです。

人は成長するについれて、徐々に呼吸数は少なくなっていきます。

今回は、新生児、乳児、子供の呼吸数が早い、多い理由をテーマにお話をさせていただきます。

新生児、乳児、子供の呼吸数の正常値は?

新生児、乳児、幼児の呼吸数の正常値は以下のようになります。

成長するにつれて、呼吸数が減少していっていますね。

大人と比べると、子供の呼吸数が多いことがわかるでしょう。

年齢呼吸数(回/分)の正常値
新生児35~50
乳児30~40
幼児20~30
学童20
成人12~20

新生児、乳児、子供の呼吸数が早い、多い理由は?なぜ?

新生児、乳児、子供の呼吸数が早い、多い理由は、新生児は肺胞が少ないからです。

そのため、新生児では、ガス交換面積が小さくなっています。

また、新生児は呼吸筋や胸郭があまり発達していないことも原因です。

換気量は以下の式により決まります。

換気量=1回換気量×呼吸数

よって、肺胞が少なく、呼吸筋や胸郭が未成熟であることにより1回換気量が少ない新生児は、換気量を維持するために呼吸数を多くする必要があるのです。

人は、成長するにつれて、肺胞数が増加していきます。

また、呼吸筋や胸郭が発達することで、深い呼吸が可能になります。

その結果、成長するにつれて1回換気量が増加していくために、呼吸数が減少していくと考えられるのです。

また、新生児は基礎代謝量が、体重あたり成人の2倍あり、酸素消費量も2倍となっています。

なので、大人よりも大量の換気量が必要だからともいえるでしょう。

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする