偏差値65の大学のレベルはどのくらい?難しい?

偏差値65の大学のレベルはどのくらいか?

偏差値65というと、かなり頭がいいレベルです。

日本で一番難しい東京大学の偏差値が70なので、トップよりも一段階下のレベルといえるでしょう。

具体的には、偏差値65の大学は、上智大学や早慶の下位学部、MARCHの上位学部などになります。

今回は、偏差値65の大学のレベルをテーマにお話をさせていただきます。

偏差値65の大学のレベルはどのくらい?

偏差値65の大学のレベル
難易度かなり難しい
成績上位6.6%以内
割合15人に1人
100人中の順位6位以内 
高校での他人からの評価めちゃくちゃ頭がいい人
就職大企業に入れる確率が高い

偏差値65の大学のレベルはかなり難しいです。

成績的には、偏差値65は、上位6.6%の成績が必要になります。

割合としては、15人に1人です。

1クラスに1人か2人いる程度なので、かなり貴重な人材です。

100人の学年で考えると、毎回上位トップ10には入ってくる人になります。

大学受験をしない人を考慮すると、全体では、上位3.8%の成績です。

高校では、クラスで1番頭がいい人という感じで、クラスのリーダー的な役割を担う人も多いと思います。

しかし、偏差値65を取るのは簡単なことではありません。

長期的な努力の積み重ねが必要です。

きちんとした戦略に沿って、勉強していかなければ、届かないレベルといえます。

大学受験レベルの勉強はやったかやっていないかで成績が決まるので、才能や記憶力は関係ありません。

本気で勉強すれば、誰でも達成可能です。

偏差値65をとっている人は、みんなが遊んでいるときに、塾に通ったり、家で勉強をしている人といえます。

勉強量は当然必要ですが、勉強法も学んで効率的に量をこなしていくことも重要です。

私は早稲田大学受験の時は、1年で偏差値40から67.5まで偏差値をあげて、早稲田大学商学部に合格しました。

この時は、毎日10時間一日も欠かさず勉強をしていましたね。

さらに、どうやったらより効率的に勉強ができるかを日々追求していました。

偏差値65は、無駄なく、最短距離を進むことができれば、1年で到達できるレベルともいえるでしょう。

偏差値65の大学のレベルは高い?

偏差値65の大学のレベルはかなり高いです。

誰に聞いても高学歴といわれます。

偏差値65の大学は、早慶上智、旧帝大などの有名大学ばかりです。

日本人なら誰でも知っている大学と言えるでしょう。

なので、大学名だけで信用がえられるのがメリットですね。

相当頑張らないと入れないので、かなりの努力家だと思ってもらえます。

そのため、就職活動でもかなり有利になるのです。

また、勉強という誰でも嫌なことでもこなすことができるという意志の強さを持っているとも言えます。

偏差値65の大学はレベルが高く、入るのは難しいですが、就職などでそれ以上のメリットがあるといえるでしょう。

偏差値65の大学はどのレベルの高校の人が多い?

偏差値65の大学には、偏差値75の高校出身の人が多いと考えられます。

偏差値75の高校は、都道府県でトップの高校です。

しかし、その中でもトップ層の人は偏差値70の東京大学や京都大学などに進学するので、都道府県でトップの高校の中で成績が普通〜下くらいの成績の人が偏差値65の大学に進学するでしょう。

出身高校の偏差値から妥当な大学の偏差値を割り出すことができます。

出身高校の偏差値から10を引いた偏差値以上の大学に行くのが妥当だと言われているのです。

なので、最低でも高校と同じレベル以上の大学には行くことをオススメします。

以下の表から進学するのに妥当なレベルの大学を調べることができます。

高校の偏差値から考えた妥当な大学の偏差値換算表

出身高校の偏差値妥当な大学の偏差値
 偏差値70偏差値60以上の大学
 偏差値65偏差値55以上の大学
 偏差値60偏差値50以上の大学
 偏差値55偏差値45以上の大学
 偏差値50偏差値40以上の大学
 偏差値45偏差値35以上の大学
 偏差値40偏差値30以上の大学

偏差値65の大学レベルはセンター試験90%?

偏差値65の大学レベルはセンター試験換算だと90%です。

この数値は、センター利用でのセンターボーダーになります。

センター試験で90%取るのはめちゃくちゃ大変ですよ。

国立医学部に入るには、センター試験9割が必要と言われてほどなので、センター試験で9割取れれば医学部にも入れます。

なので、偏差値65の大学でもセンター利用より、一般入試の方が全然入りやすいのです。

また、センター試験は一度しか受験できないのに対して、一般入試は何度も受験できますからね。

偏差値とセンターボーダーの関係はだいたい以下の通りです。

偏差値とセンターボーダーの関係

偏差値センターボーダーの目安
偏差値7092~96%
偏差値6590%
偏差値6084%
偏差値5580%
偏差値5070%
偏差値4060%

※大学や学部により多少変動する

偏差値65の大学は?

偏差値65の大学は早稲田大学や慶應義塾大学、上智大学です。

また、岩手医科大学、金沢医科大学、東京女子医科大学、兵庫医科大学、藤田保健衛生大学などの私立医学部も最近では医学部の偏差値高騰により、偏差値65程度となっています。

国公立大学と私立大学別により詳しく見ていきましょう。

偏差値65の国公立大学は?

偏差値65の国公立大学
・京都大学の下位学部

・大阪大学、横浜国立大学、筑波大学、東京外国語大学の上位学部(医学部を除く)

・地方国立大学医学部、単科医大(北海道大学、秋田大学、旭川医科大学、愛媛大学、岡山大学、香川大学、鹿児島大学、群馬大学、高知大学、佐賀大学、札幌医科大学など)

・東京工業大学

偏差値65の国公立大学は、上記の通りです。

東京一工でも人気のない学部であれば、偏差値65程度の学部もあります。

首都圏の国立大学の人気がある学部は偏差値が高くなっています。

医学部は、地方でも偏差値65以上あるのはさすがといったところです。

偏差値65の私立大学は?

偏差値65の私立大学
・早稲田大学、慶應義塾大学の下位学部

・上智大学・同志社大学の上位学部

・MARCHの最上位学部

・中堅私立大学医学部(帝京大学、東海大学、日本大学、杏林大学など)

・首都圏単科医大(岩手医科大学、金沢医科大学、東京女子医科大学、兵庫医科大学、藤田保健衛生大学など)

偏差値65の私立大学は、早慶の下位学部やMARCHの上位学部です。

また、私立医学部も偏差値が65を超えている大学がたくさんあります。

偏差値65のおすすめ大学は?

偏差値65のおすすめ大学は早稲田大学と慶應義塾大学です。

早慶レベルなら、ゼロからでも1年で合格できます。

今まで勉強していなかった人でも1年だけ本気になれば、人生逆転できるのです。

もちろん、早稲田と慶応それぞれきちんとした戦略が必要になります。

早稲田大学なら、暗記量の少ない政治経済を選択肢し、早稲田大学だけに絞って5学部ほど受験するといいです。

慶應義塾大学なら、ビリギャルが合格したことで有名な総合政策学部と環境情報学部だけに絞れば、英語と小論文の2科目で受験ができます。

徹底的に英語を勉強して偏差値70を超えるレベルまで、英語をマスターしながら、小論文をある程度かけるようにすれば合格できるのです。

たったの1年本気になるだけで、早慶の学歴が手に入るということほどお得なチャンスはありません。

偏差値65の大学ではブランド力や知名度も早慶がダントツで高いので、オススメです!

偏差値65の大学の就職先は?

偏差値65の大学の就職先はかなり良いです。

私が卒業した早稲田大学商学部では、誰もが知っているようなトヨタ自動車、野村証券、三菱UFJ銀行などの大企業に就職する人がたくさんいます。

私自身も某業界のトップ企業に就職できました。

もちろん、全ての人が大企業に入れるわけではありませんが、他の大学に比べると圧倒的に就職が良いと思います。

就職が全てではないですが、やはりお金は生きる上で必要なものですからあるに越したことはないです。

人生の可能性を広げるためにも、偏差値65の大学を目指すとはいうのはとても良いことだと思います。