スポンサーリンク

30歳で医学部再受験ってできる?編入の方がいい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学生
30歳で医学部再受験ってできるのでしょうか?

30歳といえば、仕事にも余裕が出てきて結婚して子供でも作ろうかという年齢です。

ネコ医者
そんな大人にもなってまた一から医学部再受験するなんて…

という声も聞こえてきそうです。

そんな世間の声は置いといて、結論としては30歳で医学部再受験は可能となっています。

実際に私の大学では30歳以上で入学してくる人も少なくありません。

60歳以上で入学してきた先輩もいるほどです。

特に編入試験で入学する人はみなさん30歳を超えています。

それでは、30歳で医学部再受験して医学部入学する方法について詳しく書いていきましょう。

スポンサーリンク

30歳で医学部再受験するのは不利になる?

30歳を超えて医学部再受験をすると、試験で不利になります。

特に、再受験生は面接点が現役生に比べて低くなるのです。

でも、これを「差別だ!」っていうのは見当違いなものでしょう。

医師は公的な職業であり、医師になって長く医師として働くことができる若い人の方が優遇されるのは当たり前なのです。

この点はちゃんと納得しておくべきだと思います。

なので、基本的には30歳で医学部再受験を成功させるには、現役生よりも高得点が要求されるのです。

現役のときよりも、高い得点がないと合格できないものに挑戦するわけですから、医学部再受験はかなりの難易度を誇ると考えてよいでしょう。

といっても、医学部は全国にたくさんありまして、医学部によって再受験生に対する扱い方が全然違うんですね。

なので、30歳で医学部再受験するなら再受験差別のない大学を受けることをおすすめします。

医学部ごとの再受験寛容度を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

医学部再受験:医学部を目指す人が絶対知っておくべき情報まとめ
医学部を目指す人が絶対知っておくべき情報 まえがき 自分が合格する確率が最も高い医学部を探す際に、絶対に知っておくべき情報を...

30歳で医学部再受験するなら編入試験の方が入りやすい?

30歳で医学部再受験をする方で、難関大学卒で医療に関係した経歴や研究職についている方は編入試験の方が医学部に入りやすいです。

編入試験とは、大学によりますが、医学部の2年次や3年次から医学部に入る課程になります。

30歳ということは、それまで30年も生きてきたんです。

必ず現役生にはない人生経験を持っていることでしょう。

どうせならその人生経験を活かして医学部再受験をした方が有利になるはずです。

そのような今までの人生経験を評価してくれる試験方式が医学部の編入試験になります。

東京大学や旧帝大学レベルの大学の理系学部を卒業して、研究者になった方であれば編入試験だとかなり合格確率が高いでしょう。

また、文系卒でも製薬会社、医療系の新聞社や出版社などのメディアなどで働いた経験があれば、編入試験で合格を狙うことも可能です。

他にも、薬剤師や看護師、栄養士、臨床検査技師などのコメディカルから学士編入する人もいますね。

編入試験は、他の分野での人生経験を医学に還元してほしいという目的の上であるのだと考えられます。

また、医学部の学生は高校を卒業してからすぐに医学部に入るわけで外の世界を何も知りません。

そういった方に良い影響を与えることができる人材を取り入れたいという思いもあることでしょう。

他人に誇れるような人生経験があったり、医学部の学生に良い影響を与えることができる自信がある人は編入試験を受けることをおすすめします。

30歳で医学部再受験すると結婚や子育てなどの人生設計が大変?

30歳だとまわりの友達は結婚して子供を作るのが普通になってきます。

そこから医学部再受験をすると、結婚や子育てなどの人生設計が結構大変なんです。

私は20代中盤で医学部再受験をして合格できました。

なので、医師になるのは30代前半です。

私は男性なので30代前半でも結婚するのに困ることはないでしょう。

それでも、友達がみんな結婚していく中で自分だけ結婚しないのもなんだか取り残された気がしていい気はしませんけどね。

しかし、女性で30歳で医学部再受験をすると、医師になるのが30代後半になります。

しかも、女医はモテないといわれているし、忙しく出会いもない職業なので、結婚や子育てをその年齢からしていくのは結構厳しいのではないでしょうか。

参考記事 医学部女子 3分の1の法則がすごい!

30歳から医学部再受験をする女性で、将来結婚や子育てもしたいなら、医学部在学中に結婚相手を見つけて結婚するか、入学するまでに相手を見つけて結婚しておくことをおすすめします。

結婚も戦略的、かつ計画的に考えていかなければ取り返しがつかなくなるものです。

女性の方で医学部再受験を考えている方は、そういった方面の人生設計も同時に考えておくべきだと思います。