スポンサーリンク

仕事をしながら医学部再受験をして合格することができるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、読者の方からこんな質問が来ました。

私は、25歳の社会人です。
医学部再受験を考えているのですが、仕事を辞めてまで挑戦するのは怖いです。
だから、仕事をしながら医学部再受験をしようと考えております。
働きながら医学部に合格することは可能なのでしょうか?

この質問に対して私の考えを述べさせていただきます。

スポンサーリンク

働きながら合格できるかは、あなたの学力次第

結論としては、あなたが働きながら医学部に合格できるかは、あなたの現在の学力次第です。

あなたが東大卒の学歴をお持ちであれば働きながら医学部再受験をしても1年か2年で合格出来る可能性が高いと思います。

実際、東大卒の方で働きながら医学部に再受験して1年で合格する人は多いです。

しかし、早稲田、慶応、MARCHやそれ以下の学歴なのであれば、働きながら国立大学医学部に合格することは難しいでしょう。

もちろん、マーチレベルの学歴でも働きながら国立大学医学部に合格した人は探せばいるかもしれません。

しかし、相当珍しいケースだと思います。

普通に考えてみてください。

あなたのライバルとなる現役生、浪人生などの受験生で、仕事をしている人はゼロですよ。

つまり、ライバルは1日のすべての時間を医学部受験に充てることができるのです。

それに対して、働きながら受験をするとなると、せいぜい1日に5時間勉強するのが限界なのではないでしょうか?

これは、平均的な医学部受験生の半分以下の勉強時間です。

こんな短い勉強時間でライバルに勝って、医学部に合格できると考える方がおかしな考えである事は明らかではないでしょうか?

しかも、再受験生は年をとっているので記憶力は現役生よりも衰えています

受験は暗記ですから能力的にも不利になっているのです。

さらに、医学部再受験生は面接点が現役生よりも低くなるので基本的に合格するには現役生よりも高得点が必要となってきます。

このような、医学部再受験における不利な点を理解すらしていない人が医学部に合格できるとは思えません。

あえて結構厳しいことを言いたいと思います。

それは、あなたのためです。

最終的に合格できないにもかかわらず夢を見て何度も医学部にトライし続けるのは人生的にもったいないと思います。

仕事を辞めてまでは挑戦したくないと思う程度にしか医学部があなたにとって価値のないものなら元から目指さずに遊んで暮らしていた方がいいと思います。

5年、6年ずっと勉強を続けられるなら可能性はあるかも

5年、6年ずっと働きながら仕事以外のすべての時間を勉強に充てるのであれば医学部合格も不可能ではないでしょう。

しかし、人間のモチベーションには限度がありますよ。

5年、6年もずっとそんな生活を続けるのは普通の人には無理でしょう。

というか、そこまでできるのであれば、仕事辞めて挑戦してたら1年や2年で受かってますよ。

昔からいうように、「二兎を追うもの一兎をも得ず」といいますよね。

労力が分散してしまうと何も得られないという結果が1番最悪です。

なので、東大卒の学歴を持っているつまり、もともと過去に医学部に合格することができたレベルの学力を持っていたことがある人なら、働きながらでも医学部に十分合格することができます。

そうでない普通の人は、勉強量でカバーするしか医学部に合格することができません。

あなたに勉強の素質があったり、天才なのであれば東大位の学歴をすでにお持ちだと思いますし、東大卒の学歴がないのならば自分の実力を過信するべきではいけません。

私は自分が凡人だと思っているので、人の2倍、3倍努力しなければ医学部に合格できないと思っていました。

そのため、圧倒的な勉強量で合格することができたのです。

受験では質より量が大切。

量がなければ質も上がりませんよ。

医学部一発合格のコツでは、これからも医学部受験に関する質問をお待ちしております。

質問がある方はこちらの記事のコメントにコメントをいただくか

Twitterアカウント @ichinosecom

にご質問を送ってくだされば記事にして返答をさせていただきます。