スポンサーリンク

医学部は天才でないと入れないのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学部は天才でないと入れないのか?をテーマにお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

医学部は天才じゃなくても入れる

医学部は天才でなくても入れますよ。

天才って言葉の定義が

天才(てんさい)とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことである。天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指す。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%89%8D

のような感じです。

医学部の定員って毎年1万人くらいあるので、毎年1万人もの天才が生じているなんてありえないでしょ。

私の学校の人を見ていても天才って感じの人はいませんね。

みんな努力して知識をつけていますね。

結局どんな天才といわれる人もそこまでにとてつもない努力をしてきたから天才と呼ばれるようになっただけなんですよ。

初めから天才と呼ばれる人なんていないと思います。

1年で受かるか2年で受かるかの差は勉強のやり方や量の差でしょうね。

勉強って覚えても忘れていくものなので、うまく忘れないようにしながら新しいこともやらないといけないので要領が大事になってきます。

なので、医学部に入れるかどうかは天才であるかどうかよりも勉強の要領がつかめているかどうかで決まると思います。

東京大学医学部は天才だと思う

でも、努力にも限度があります。

誰でも努力すればどこかしらの医学部に入ることはできると思います。

しかし、東京大学や京都大学などの旧帝大学医学部は別格です。

東京大学医学部の人たちは天才といってもいいのではないでしょうか。

努力だけではどうにもならない世界だと思います。

元から勉強の資質があって天才に近い資質をもった人がさらに努力をして到達するレベルでしょうね。

なので、勘違いして東京大学や京都大学医学部を目指すのはおすすめできません。

自分が天才であると自信があるなら別ですけどね。

そういった人はほんの一握りだと思います。