医学部の卒業年齢は何才か?アメリカやイギリスは?

医学部の卒業年齢は何才か?をテーマにお話をしたいと思います。

医学部の卒業年齢は最短で24歳?

医学部の卒業年齢は最短で24歳です。

日本の医学部の在学期間は6年間あります。

高校を卒業して現役で医学部に合格して入学すると18歳です。

そこから6年間で留年せずに医学部を卒業できた場合、24歳で卒業することになります。

しかし、卒業年齢が24歳となるのはごく一部です。

まず医学部は浪人生が圧倒的に多くいます。

私立医学部全体では浪人生が80%近く、国立医学部でも約50%が浪人生です。

浪人生といっても1浪から5浪くらいまでばらばらなんですよね。

こういった浪人して医学部に入った人たちの卒業年齢は25歳~29歳になるのです。

また、医学部は他の大学を卒業してから再度医学部に挑戦する再受験生がたくさんいます。

大学によりますが、およそ10~20%はいるでしょう。

再受験生の年齢はさまざまで20歳前後~60歳までほんとにいろんな人がいるのです。

再受験生の場合は、卒業年齢は26歳~66歳となりますね。

✅ 1年で医学部に一発合格した私が出版した本がこちらです。

留年したら卒業年齢も遅くなる

医学部は留年が多いです。

1回留年する人から何度も留年する人までさまざまな人がいますね。

留年すれば当然卒業年齢も遅くなります。

なので、こういった事情から医学部の卒業年齢は結構遅いですね。

だいたい24~27歳くらいで卒業する人が一番多いと考えられます。

アメリカの医学部の卒業年齢は?

アメリカでは、医学部は普通の4年生の大学を卒業してから入る仕組みになっています。

なので、18歳で大学に入って卒業してから22歳で入学します。

しかし、アメリカの医学部は4年生なので卒業年齢は26歳です。

ただし、アメリカには飛び級制度があるので、もっと若くして医学部を卒業することもできるようになっています。

20歳くらいで医学部を卒業することもできるということですね。

ヨーロッパの医学部の卒業年齢は?

ヨーロッパの医学部の卒業年齢はどうなのでしょうか?

ドイツやイギリスについて調べてみました。

ドイツ
高校卒業18歳⇒医学部6年間⇒卒業年齢24歳

イギリス
高校卒業17~18歳⇒医学部5年間(6年間)⇒卒業年齢22~24歳

どこの国も同じようなものですね。

だいたい医学部の卒業年齢は24歳程度です。

イギリスは高校が2年制のところがあり、医学部も5年制のところもあります。

なので、最短で22歳で医学部を卒業することが可能です。

どの国でも医師になるには、24歳くらいまで勉強する必要があるんですね

それだけ医師になるには知識だけでなく人としての教養が必要ということでしょう。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする