スポンサーリンク

一般人が医学生を経て医師になるまでの過程をまとめてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを見ている受験生のほとんどは医師になることを目指していると思います。

そのために、今医学部への合格を目指して頑張って勉強しているんですよね。

では、医学部に入ったらどんな生活が待っているのでしょうか?

そして、医師になるには、どのような壁を乗り越えていかなければいけないのでしょうか?

医師になりたいけど、こういうことを知らない人ってかなり多いんです。

受験生のうちから興味のある話題だと思うので、今後はこういうテーマも扱っていければいいなとおもっています。

スポンサーリンク

医師になるにはまずは医学部に入らねばならない

日本の法律では、医師になるためには6年生の医学部に入らなければなりません。

現在、日本では医学部は全部で82校あります。

この中のどれかに合格しなければ医師になることはできません。

どの医学部も難易度は非常に高く狭き門です。

しかし、私立医学部の学費が高い大学は比較的偏差値が低く入りやすいところもあります。

とにかく、医師になりたいのならばまずは医学部に合格しなければ話にならないということです。

では、医学部に入ってからどのような生活が待ち受けているのでしょうか?

医学部に入るのも大変だが、入ってからも大変

医学部は進級が非常に大変です。

実感では、進級の厳しさはこのようになると思います。

医学部>>>>>>>>>国立理系>>私立理系>>>>>>国立私立文系

試験の範囲は8cmくらいの分厚い教科書全てということはよくあります。

しかも、勉強期間は1週間しかないということもざらです。

では、医大生はどのように勉強をしているのでしょうか?

医学部は範囲が多すぎて、まともに勉強していては試験に合格できません。

過去問や先輩の作った資料などを集めることから試験勉強が始まります。

というか、過去問なしではどんな天才でも合格は不可能です。

教授によっては、重箱の隅をつつくような問題を出してくることもあるからです。

なので、うまく進級するためには頭のよさというよりも要領の良さが必要といえるでしょう。

1年の前期は、一般教養といって他の学部の人たちと同様に好きな科目を選んで受講することができます。

しかし、普通の大学生活はここで終了です。

1年の後期以降は、医学部ではすべての科目が必修となっていて、どれか1つの科目でも落としてしまうと留年してしまうのです。

すべて必修科目であるがゆえに、学生はどんな理不尽な科目であっても受けるしかありません。

科目の単位を認めるかは、教授がすべて決定することができるので、大学によってどの科目が難しいかというのは異なるようですね。

2年は解剖実習があります。

1年の頃とは違って、2年からは医学部らしい授業が始まるのです。

3年は、基礎医学を主に学びます。生理学、生化学などを深く学んでいきます。

4年からは、各科ごとの病気を細かく勉強することになります。

4年の終わりには、CBT・OSCEという大きな試験があるので、4年次は学校の試験勉強と平行して、CBT・OSCE対策も行わなければいけません。

5、6年は、ポリクリといって病院実習が始まります。

6年の終わりには、卒業試験。

最後に、医師国家試験。

というように医学生は試験、試験、試験の連続なのです。

息つくひまもありません。

テストが終わったと思ったら、また次のテストの対策を始めなければならないのです。

だいたい、6年間で100個程度のテストに合格する必要があるといわれています。

テストは合格点に満たないと再試といって、再びテストを受けなくてはいけません。

なので、人によっては、200回近くテストを受けることになりますね。

これだけ、テストばかりだと正直しんどいですよ。

医師になるには、相当な覚悟が必要だと思います。

適当な気持ちで医学部に入るとかなり後悔するでしょうね。

研修医になってからが本当のスタート?

6年間医学部で勉強して結構医学に関する知識が身につくはずです。

しかし、医師になるための本当のスタートは研修医なんですよ。

あ、ここでいう研修医とは、医学部を卒業してから2年間の前期研修医のことですからね。

みなさんも経験で分かると思いますが、実際に自分で経験したことって忘れませんよね。

例えば、旅行に行くためにいろいろ調べてみて、現地で体験したこととか。

こういう経験ってエピソード記憶といわれるもので、忘れにくいんです。

一方、歴史の教科書で読んだり、見たことって時間が経つとすぐに忘れてしまっていませんか?

やっぱり人間って実際に自分で経験して困ったりしたことの方が記憶に残るんですよね。

なので、医学部で勉強はかなりすることになりますが、その知識が臨床の現場ですぐに役立てることって難しいんですよね。

つまり、研修医として病院で働き始めてからが、医師として使える技術を身に着ける最初の機会が始まるということなんです。

なので、医学部でテストにつかれたなんていってられないんですよ。

医学部の6年を終えて、研修医になってからが本当の意味でのスタートなんです。

逆に、研修医でサボってしまうと他の医師にかなり差をつけられてしまうでしょう。

なので、研修医になってからは本当に必死で学ぶつもりでいないとダメだと思います。

研修医が終わったら科を決めてそれぞれの道をゆく

研修医が終わったら、少しは臨床の現場で使える人間になるはずです。

2年間の初期研修が終わると、一応”一人前の医師”となります。

しかし、ほとんどの医師はまだ技術が未熟だと自覚していますから、1~5年の後期研修を受けることになります。

このときに、自分の行きたい科を選んでそれぞれの道をゆくことになります。

大学院に進学して研究をする人もいれば、海外に留学する人もいるでしょう。

他には、産業医、医務官などの特殊な道をすすむ人もいるはずです。

とにかく、まだまだ医師として技術が未熟なのでなにかしらの勉強や経験を積む方向に進むことになるかと思います。

医師という仕事は一生勉強なんでしょうね。

医師になるのは大変だ。