【2017年】新形式TOEICおすすめ、教材 (参考書・問題集)ランキング

「新形式TOEICにおすすめの参考書がわからない」

「TOEICの教材っていっぱいあってどれがいいのかわからない」

そんな方に向けて、新形式TOEICの対策に使える参考書を紹介します。

安心してください。ステマなんて一切してません。

私が実際に使ったことのある参考書しか紹介していません。

新形式TOEICおすすめ、参考書ランキング

5位 TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

あの「金のフレーズ」が新形式に対応して新しくなりました。

2017年1月6日に発売したばかりです。

主な変更点は、次の通りです。

・単語200語の変更
・フレーズ100個の変更
・発音記号の追加
・0.8倍~2.0倍と変速できる音声アプリが利用可能

金のフレーズにのっている単語は、ほんとにTOEIC本番で出ます。

だから、金のフレーズを1冊やっておくだけで100点くらい点数アップできますよ。

僕も900点目指すために、新しい金のフレーズで勉強中です。

金のフレーズの使い方を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

4位 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

「TOEICの文法対策をしたいけど、そんなにがっつりはしたくない」

「手軽にTOEICによく出る文法問題だけを勉強したい」

っていう方に、おすすめです。

頑張れば1日で終わる量しかないのに、TOEICによく出る問題だけが厳選されて掲載されているんです。

こんなにコスパのいい参考書は他にないですよ。

僕も855点とれたのは文法特急をやったおかげですね。

3位 新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

「文法問題で失点したくない」

「文法問題を早く解いて、読解問題に時間をのこしたい」

そんな方におすすめなのが、でる1000問です。

問題数は1000問と多いですが、TOEICによく出る問題が網羅されています。

僕も、でる1000問をやっていたおかげで、文法問題を1問20秒以内で解くことができました。

その結果、読解問題を最後まで解き切ることができたんです。

文法問題で時間がかかってしまう方、文法問題で失点が多い方におすすめの参考書です。

2位 TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEIC対策で一番の参考書は、公式問題集なんです。

公式問題集Vol6は、1つ前の公式問題集ですが、まだまだ使えます。

公式問題集を何度もくりかえし解くことで、問題のパターンがつかめるようになるので、点数がぐんと上がるんです。

1位 TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

栄えある1位が、TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編となります。

やはり、最新版かつ、新形式に対応している公式問題集ということで新形式対応編は絶対に外せませんでした。

新形式に対応したどのTOEIC問題集よりも、本番のテストに近いものですから、徹底的にやりこむことをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?

参考になりましたか?

でも、どんなにいい問題集を使っても勉強のやり方がよくないと点数は伸びません。

TOEICのパート別の解き方や対策も知っておいたほうがいいですよ。

TOEICのパート別の解き方や対策を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEIC記事下

TOEIC対策ならスタディサプリENGLISHが断トツおすすめ!

TOEIC受験生の方!こんなお悩みありませんか?
●TOEIC対策したいけど時間がない
●いまいち勉強するやる気がでない
●TOEICの参考書が高すぎる

私は忙しくて時間がなかったり、やる気がでないという理由でなかなかTOEICの勉強を始めることができませんでした。

しかし、スタディサプリENGLISHならスマホのアプリで学習できるので、通勤時間の3分や寝る前の3分などのすき間時間を使って効率的に勉強ができました。

また、ドラマ構成が面白いので、ゲーム感覚でできたので、長続きしましたね。

毎日少しずつ進めていけば、知らないうちにTOEICのスコアが上がります。

今なら7日間無料体験ができるので、楽にTOEICスコアを上げたい方は試してください!

ちなみに、日常英会話コースなら月980円ですが、TOEICL&R対策に特化したコースは月2980円となっています。

楽しみながら英語学習をしたい方には、日常英会話コースがおすすめ!

TOEICL&Rのスコアを短期間でアップしたい方には、TOEICL&Rテスト対策コースがおすすめです!

       こちらのリンクから申し込めば7日間の無料体験ができます

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする