【国立大学】医学部6年間でかかる学費はいくら?安いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金

「医学部ってどうせ学費が高いんでしょ?」

「お金持ちしかいけないんじゃないの?」

なんてイメージありませんか?

でも、意外と知られていないのが国立医学部の学費なんです。

私立医学部は高いけど、国立医学部は普通の家庭でも払える金額なんですよ。

スポンサーリンク

国立大学医学部の学費は6年間でいくら?

大学学費

国立大学の学費はすべての学部で同じです。
内訳はこんな感じです。

国立大学医学部の学費の内訳

入学金282000円
学費(1年間)535800円
学費(6年間)3496800円

6年間で、およそ350万円となっています。

もちろん安いというわけではありませんが、私立医学部の学費が6年間で
2000万円~5000万円であることを考えるとかなり安いといえるでしょう。

しかも、親の年収が少ない方は授業料の全額免除や半額免除を受けることができるので
人によってはもっと授業料が安くなることもあるんです。

他にも、1学年100人くらいなんですが、その中で、成績優秀と認められれば
授業料の免除を受けることもできます。

「家が貧乏で6年間350万円なんて払えないよ。」

大丈夫です。奨学金というのがあって、無利子で月5万円借りることもできます。
また、有利子ならさらに、月15万円借りることも可能です。

だから、奨学金さえ借りれば誰でも国立大学医学部の学費は払うことはできるんです。

国立大学医学部の生活費は6年間でいくら?

生活

6年間勉強するためには、生活費もかかることを忘れてはいけません。

実家から通えるならいいですが、そう都合よく地元の大学に合格できることなんて
ありません。

国立大学医学部に行くとなると、ほとんどの人は一人暮らしをすることになります。

まずは一人暮らしをしたときに6年間でいくらかかるかをみてみましょう。

国立大学医学部の6年間の生活費(一人暮らしの場合)

学費350万円
家賃月3万×72か月=216万円
通信費月1万×72か月=72万円
光熱費月1万×72か月=72万円
食費月3万×72か月=216万円
教科書代年3万×6年間=18万円
その他月3万×72か月=216万円
合計1160万円

なんと6年間で1000万円を超えてしまいました。

学費はやすいですが、やはり6年間もあるので家賃や食費などの生活費の
負担がおおきいですね。

授業もかなり忙しいですから、アルバイトをするにも限界があります。
これらは奨学金や仕送りでなんとかするしかないですね。

国立大学医学部の6年間の生活費(自宅通学の場合)

学費350万円
教科書代年3万×6年間=18万円
その他月3万×72か月=216万円
合計584万円

自宅通学の場合はどうでしょうか?

かなり安くなりましたね。

それでも、584万円ですが・・・

ただし、これはその他として娯楽などの遊びに使うお金を計上していますから
このお金を自分でアルバイトなどで稼ぐとすると、実際の負担は学費だけで
大丈夫ですね。

おわりに

国立大学医学部に通うには少なくとも350万円のお金がいるということが
分かりました。

また、一人暮らしの場合生活費がとても高いということもわかりました。

でも、お金がかかるからといって、自宅通学できる大学しか受けないという
のはやめた方がいいと僕は思います。

授業料は奨学金を借りれば払えるものなので、それよりも自分が合格できる
大学を選ぶべきだからです。

地元の大学が簡単に入れる大学ということはまずありません。

全国の医学部から自分と相性のいい医学部を探し出すことが大切なんです。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする