センター試験で逃げ切りだ!センター試験の配点(比率)高い医学部ランキング【受験】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やった!センター試験が思ってより取れたぞ!

後は、2次試験でそこそこの点数を取れば医学部合格できるんじゃ(笑)

なんて人も多いんじゃないでしょうか?

でも、せっかくよかったセンター試験の点数を最大限活かすためには

センター試験の配点が高い医学部を受験することが大切です。

今回の記事は、ぜひそんな方に読んでほしい記事となっています。

スポンサーリンク

センター試験の配点が高い医学部ランキング

第4位 宮崎大学医学部 (センター試験割合60%)

総得点センター試験2次試験
1500900600

宮崎大学医学部では、センター試験の配点割合が60%とかなり高いです。
ここまで、高いとセンター試験で高得点をとった方はかなーり有利ですよ。
もし、9割とっているなら、50%以上は合格したも同然ですね。
でも、最後まで気をしきしめて頑張りましょう。

ちなみに、宮崎大学は2次試験で理科がない医学部です。
ただ、面接落ちの情報がありますから、再受験生は受験するのを注意してくださいね。

医学部面接落ちの情報についてはこちら。

恐怖!医学部面接落ちの情報まとめ

第4位 山口大学医学部 (センター試験割合60%)

総得点センター試験2次試験
1500900600

山口大学医学部も、センター試験の配点割合が60%と高いです。
センター試験で高得点をとっていたら、逃げ切ることも可能です。
ちなみに、山口大学は再受験には厳しい大学といわれています。
再受験生は受験は自己責任でお願いします。

第4位 山形大学医学部 (センター試験割合60%)

総得点センター試験2次試験
1500900600

山形大学医学部もセンター試験の配点割合が60%なんです。
ここは、再受験生の寛容度は普通ですね。
ただ、進級が恐ろしく厳しいらしいですね。
入ってから進級が理不尽にきついのも考え物です。

第4位 島根大学医学部 (センター試験割合60%)

総得点センター試験2次試験
1160700460

当ブログの管理人がいる大学です(笑)
ここは、ねらい目なんですよ。
センター試験割合が60%と高くて、2次試験に理科がありません。
だから、文系から理転して合格してる人が少なくないんです。

ただし、進級はちょっと厳しめですね。

第3位 新潟大学医学部 (センター試験割合62.5%)

さあ、やっとセンター試験割合が60%を超えてきました。
なんと、62.5%です。

ここまでくると、二次試験での逆転はよほどのことが起きないと難しいのではないでしょうか。

新潟大学医学部も面接落ちの情報がありますね。

医学部面接落ちの情報についてはこちら。

恐怖!医学部面接落ちの情報まとめ

第2位 鳥取大学医学部 (センター試験割合64%)

島根のおとなりさん。

鳥取大学医学部です。

さらにさらに、センター試験配点の割合は上がっていきます。

なんと・・・64%・・・

センター試験高得点取れた方はぜひ。

もう受かったようなもんでしょ(笑)

第1位 徳島大学医学部 (センター試験割合69%)

センター試験割合・・・

69%・・・

え・・・

あれ・・・

見間違えたかと一瞬思いました。

69%がセンター試験で決まるの?

2次試験する意味あるんですか?

といいたいですね。

さすがに高すぎでは。

ただし、徳島大学医学部は近年再受験生が多く受けにきすぎるために

面接落ちが多いらしいです。

気を付けましょう。

医学部面接落ちの情報についてはこちら。

恐怖!医学部面接落ちの情報まとめ

ちなみに、進級は、理不尽なほど難しいらしいです。

入ってから後悔することのないように情報収集は計画的に・・・

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする