医学部実情!進級は大変?サークルは?イケメンが多い?生活は?

医学部に入ってからの生活事情について記事にします。

意外と知らない医学部生の生活とは?

医学部は進級が大変?

医学部は進級が大変です。留年も多いです。

留年は大学や学年にもよりますが、多い時には100人中30人留年することもあります。

1つでも科目を落としたらいけないというのはすごいプレッシャーで

精神を病んでしまう人も少なくありません。

また、実験や実習が多いので留年して下の学年に行くと

また一から人間関係を作らなければいけないので、肩身の狭い思いをして

残りの大学生活をすごさなくてはなりません。

だから、留年のリスクが他の大学よりもとても大きいんです。

医学部ってサークルはあるの?

医学部は他の学部と違うキャンパスにある上、カリキュラムも特殊なので

医学部独自の部活があります。

サークルではありません。

ガチでスポーツをして大会に出るという部活です。

サークルもなくはないですが、ボランティアサークルなどしかありません。

しかし、部活は、野球、サッカー、ラグビー、軽音、オーケストラなど

多岐にわたるので1つくらいは自分がやりたい部活が見つかるはずですよ。

もちろん、入ることは必ずしも必要ではないので、入らなくても大丈夫です。

医学部はイケメンが多い?

医学部生って勉強ばっかりしてるから地味な感じの人が多いという

イメージを持っている人が多いみたいですね。

しかし、医学部は部活が盛んです。

ほとんどの学生が何かしらのスポーツ系の部活に所属しています。

だから、みんなスポーツをしているので、痩せていてキリッと

した顔つきをしたイケメンが多いように思います。

※人によって感じ方が違うので個人の感想ですよ。

気になる方は、医学部のオープンキャンパスに行ってみたり

学際に行ってみたりしてはどうでしょうか?

自分の目で確かめてみるといいですよ。

医学部生の生活は?

学校があるときは、学校に行って、部活をやって家に帰ります。

その後、課題をこなしたり、友人と遊んだりし一日が終わります。

土日もテストが近ければテスト勉強をすることが多いですね。

長期休みには、一人暮らしの学生は実家に帰省して地元で

ゆっくり過ごすという人が多いですね。

普通の大学生と同じ生活ですよ。

ただし、普通の大学は夏休みが2か月ありますが、医学部は一か月もない

ので、休みが短いというのが大変ですね。

しかも、休み中に再試験にかかってたりすると

休みがほとんどなくなったりすることもあります。

学生だからといって旅行にいったりする暇があんまりないんですよ。

もう慣れましたけど、結構大変ですね。

医学部予備校資料請求

医学部合格目指すなら医学部予備校がおすすめな理由

僕は独学で医学部受験をして成功しましたが、残念ながら独学にはこんなデメリットがあります。

独学のデメリット
・勉強の計画を自分で立てないといけない
・分からない問題について質問できない
・勉強の悩みを相談する人がいない
・医学部の受験情報について情報が入ってこない

なので、医学部を目指しているならば、医学部専門の予備校に通うことをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

医学部予備校に通えば、医学部受験に関する情報が豊富に手に入り、さらに同じ医学部を目指す仲間もできるからです。

医学部予備校で出会った友人は一生涯の友になるはず。

じゃあ、どこの医学部予備校に通えばいいのか?

そんな方には、こちらのサイトで医学部予備校の資料請求をすることをおすすめします。

無料で医学部予備校の資料請求をする

全国73校の医学部予備校が掲載されているので、あなたにぴったり合った医学部予備校が必ず見つかるはずです。

ぜひ、いくつかの医学部予備校の資料請求をしてみてください。

特に指導方針であったり、自習室などの施設に注目して比べてみましょう。

✅ 医学部専門予備校に行くと医学部合格率が高くなる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浪人なら医学部専門予備校をおすすめする4つの理由

というのは浪人生にとっては最大の悩みどころでしょう。

私は医学部を目指して浪人する方には医学部専門予備校に行くことをお…

 

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする