toeicスコアが高いと就職に有利?分布は?平均は?

toeicスコアが高いと就職に有利なのか?

私は昔就職活動をして教育業界最大手のベネッセという会社に内定をいただいてました。

そのときの経験からいうと、やはりtoeicスコアが高いと就職に断然有利です!

総合商社に入社したいならtoeic900点は絶対条件ですね。

他の会社でもtoeic900点もあると書類選考で落ちることはまずありえません。

多くの会社では、書類選考の時点で採用の候補になるでしょう。

しかも、能力だけでなく、toeicで900点を取る過程の頑張りや姿勢を面接で盛り込んでうまくアピールできれば簡単に内定がもらえますよ。

それくらいにtoeicスコアには価値があるんです。

今や企業が海外に進出するのは当たり前の時代です。

英語を堪能な若い人材を確保するのは企業の急務なのです。

toeic高得点をとれば、ほんとにひっぱりだこですよ。

 2ヶ月半で670から855にスコアアップしたTOEIC勉強法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事 2か月半で新形式TOEIC800点を超えた音読勉強法!参考書はたった4冊

関連記事 新形式TOEIC800点とるためのパート別 解き方と対策

toeicスコアの平均点は?分布は?

2016年12月toeicテストの平均点

リスニングリーディングトータル
平均321.3258.7580.0

最新のtoeicテストでは、リスニングパートの平均点が321点

リーディングパートの平均点が258点全体の平均点が580点となっています。

2016年4月toeicテストの点数別分布割合

スコア割合
895~4%
845~4.4%
795~5.9%
745~7.1%
695~8.2%
645~9.9%
595~10.2%

toeicテストの点数分布をみると、900点以上はほんと4%しかいないんですよ。

845点以上だと8.4%しかいません。

toeicを受けに来る人は、英語に自信のある人たちばかりですから

この受験層で上位10%に入れるということは、一般人の中では、上位1%以内の

英語力に相当するということになるでしょうね。

toeic点数別就職での評価

toeic点数就職での評価
900点~エントリーシートは百発百中、大手総合商社の内定も可能
800点~大手メーカー、メガバンクの内定も可能、面接で話題にできる
700点~面接で話題にできる、まあまあ評価してもらえる
600点~たいして評価にならない
500点~大手企業狙いなら履歴書に書いてはいけないレベル

私は早稲田大学に行ってまして就活をしましたが、周りに900点ホルダーはほとんどいません

でした。900点ホルダーの人は総合商社に内定をもらっていましたね。

800点でもかなり珍しいレベルです。面接でかなり評価されるでしょうし、

頑張った経験としてアピールすることは可能でしょうね。

700点だと、他と迷ったときに比較の材料にされる程度ではないでしょうか?

600点だとごろごろいるので評価されませんね。

500点だと逆に書かないほうがいいレベルですよ。

ただし、大手企業への就職を狙うならという前提で書いております。

 2ヶ月半で670から855にスコアアップしたTOEIC勉強法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事 2か月半で新形式TOEIC800点を超えた音読勉強法!参考書はたった4冊

関連記事 新形式TOEIC800点とるためのパート別 解き方と対策

TOEIC

TOEICで結果が出たら英語力を活かした転職がおすすめ

TOEICで高得点が取れたら、英語を活かす仕事に転職することをおすすめします。

あなたのような高い英語力のある人材は限られています。

外資系企業は高収入であることが多いため、転職すると今よりも高収入になる人が多いです。

本気で英語を使う仕事に転職をすることを考えているなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

英文レジュメの添削や英語での面接対策などのバックアップが受けられるので、スムーズに転職活動を行うことができるのです。

おすすめの転職エージェントはJACリクルートメント。

外資系への転職はJAC Recruitment

JACリクルートメントは、英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職などの案件に強いんです。

JACリクルートメントのサイトに求人情報も載っていますが、本当に高収入の案件は非公開とされています。(60%が非公開案件)

おいしい話はおおやけには出回らないものなんです。

なので、本気で転職をお考えの方は一度無料登録をしてみるのがおすすめ

海外事業関連の転職はJAC Recruitment

関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする