スポンサーリンク

toeicスコアを英検に換算!英検2級、準1級は何点?違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

toeicと英検を比較

英検をtoeicで換算すると

toeicと英検の換算表を作りました。

英検TOEIC
1級900点以上
準1級800点
2級600点
準2級500点
3級300点
4級なし

英検1級はtoeicでは900点以上の価値がありますね。
でも、英検1級では、筆記試験に加えて面接試験があります。
だから、toeic900点以上取れていても英検1級に合格できるとは限りません。
さらに
準1級はtoeic800点くらいの英語力に相当。
2級はtoeic600点くらいの英語力に相当。
準2級はtoeic500点くらいの英語力に相当。
3級はtoeic300点くらいの英語力に相当。
4級はtoecと比べることはできません。

英検よりもtoeicの方が受験人口が多いので
英検1級っていっても難しさがわからない人が多いですね。
だから、英検1級よりもtoeic900点を持っていた方が断然就職では有利になります。

toeicと英検の違いは?

toeicはすべての受験者で問題が同じ

toeicはすべての受験者で問題が同じです。
一方、英検は受験する級ごとに問題が違います。
だから、英検1級を受験したことがないと、英検1級の難しさが普通の人は分かりません。
よって、英検1級は持っていても、軽視される傾向にあります。
しかし、toeicはすべての受験者が同じ問題を解くため、900点を取る人は
「この問題で900点をとっているんだ」
という認識が生まれるために、TOEICの点数は、かなりよく評価されることになります。

英検は中高生が受験し、toeicは大学生から社会人が受験する

2015年の英検受験者層別人数

小学生中高生大学生その他合計
2015年35万人247万人6万人33万人322万人

このデータを見ると英検では、実に8割近くの受験生が中高生です。

2015年のtoeic受験者層別割合

20歳未満20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60~69歳
2015年7.6%53%19.1%13.9%5.4%0.9%

英検と違いtoeicでは、20歳未満がたったの7.6%しかいません。
しかし、20~29歳の若者が53%を占めています。
つまり、中高生の間は英検を受験するが、大学生以降はtoeicを受けるという流れが
確立されているのです。

このデータから見ても、やはり社会人は英検を全く受験していません。
誰も英検がどれだけ難しいかという評価の基準を持っていないということになります。
ですから、社会人の方で転職を目指す方、大学生で大手企業に就職したい方は
必ず英検ではなく、TOEICを受験するようにしましょう。

TOEIC

TOEICで結果が出たら英語力を活かした転職がおすすめ

TOEICで高得点が取れたら、英語を活かす仕事に転職することをおすすめします。

あなたのような高い英語力のある人材は限られています。

外資系企業は高収入であることが多いため、転職すると今よりも高収入になる人が多いです。

本気で英語を使う仕事に転職をすることを考えているなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

英文レジュメの添削や英語での面接対策などのバックアップが受けられるので、スムーズに転職活動を行うことができるのです。

おすすめの転職エージェントはJACリクルートメント。

外資系への転職はJAC Recruitment

JACリクルートメントは、英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職などの案件に強いんです。

JACリクルートメントのサイトに求人情報も載っていますが、本当に高収入の案件は非公開とされています。(60%が非公開案件)

おいしい話はおおやけには出回らないものなんです。

なので、本気で転職をお考えの方は一度無料登録をしてみるのがおすすめ

海外事業関連の転職はJAC Recruitment

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする