スポンサーリンク

医学部に実際に入ってみて思ったこと~世間のイメージとのギャップ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AMERINGO7451_TP_V

こんにちは。
冬休みが待ち遠しいひろとです。

今日は勉強法じゃありませんよ~。

受験生は回れ右で戻るボタンを。

今回は、僕が医学部に入る前に、医学部に対してもってたイメージと

入ったら実際こんなんやった~。

っていうのを紹介させていただきます。

医学部生はモテる

はい、これ都市伝説です。(笑)

僕も入る前はモテモテだと思ってましたから。

合コンとか毎週やってかわいい彼女作ってみたいなのは

すべて幻想!!!

「医学部なんやからモテるやろ~」って学外の友達にもよくいわれますけど

ないです!ないです!そんなことは決して!

まあ、自分から動かんかったら彼女できないのは当り前よ。

待っててもあかんよ。受け身でいちゃダメ。

自分からどんどん攻めていったらちょっとはアドバンテージあるかもなってくらいやな。(笑)

やっぱこういうのは、どこ行ってもモテるやつはモテるし、あかんやつはあかんで。

過度な期待はしないように。(笑)

特に田舎やから普通は学外の人と出会うことは少ないっていうのもあるよね。

都会の医学部が人気出て偏差値がめっちゃ上がるっていうのは当然の結果だね。

医学部生は忙しい

みんな医学部生は忙しいやろなって漠然とは思ってるやろ。

でもな。それ間違いやからな(笑)

忙しいんじゃないで。

ハイパー忙しいから覚悟しといたほうがええで。(笑)

特に文系からの再受験生の人は、

「大学って単位とるの楽勝!!!イエーイ!!!」

みたいな人が大多数だと思うけど、そんな考えしてたらほんま痛い目みるで。

学年によるけど、年中テスト期間やと思ったらわかるかな。

テスト勉強めっちゃ頑張って、やっとテスト終わってホッとしたら、また、テスト。

これが永遠と続くねん・・・

文系の大学みたいにレポート提出したらはい、単位ゲットっていう科目は1つもないから。

時期によっては、普通に社会人として働いている人よりも忙しいかもしれないね。

なにしろ、休日もテスト勉強しないとダメなんで、休みが全くないからね。

意外と医学部の忙しさって受験生ですら知っていなくて、みんな入ってから公開する人も多いから

みんなには、現実も知ってほしいと思う。

医学部生は家庭教師でがっぽり稼げる?

これもないですね。田舎だと家庭教師でせいぜい時給2000円くらいですね。

それに対して、都会の医学部だと時給5000円以上稼げますからね。

やばいですね!!!!!

都会の大学が人気になるのも当たり前やな。

せっかく医学部入れる頭脳があるのに、その辺の居酒屋とかでバイトするのは

もったいないよね。

再受験生で奨学金とかをあてにしようとしている人は、

入学した後、バイトとかは全然できないと思って、

学費の支払い計画を立てることをおすすめします。

医学部生は天才

医学部生は天才で、大量の知識も簡単に覚えられるようなすごい人たち。

漠然とこんなイメージもってました!(笑)

実際は、違いますよ。

みんな図書館にきて勉強してるんです。!!!

あの人は天才だ!っていう人はいませんね。

みんな努力して知識をつけてますよ。

つまり、だれでも頑張りしだいで医者になれるってことなんだ。

努力は裏切らないよ。

医学部の学費は高い

医学部っていうと学費が高いイメージがありますよね。

私立だと5000万円かかるとこもあるからですかね。

でも、国公立だと、医学部でも、年間およそ50万円なんですよ!

他と比べると、めっちゃ安いですよね。

早稲田とかの他の普通の学部の私立大学よりも全然安いんですよ。

早稲田理系だと年間120万とかしますからね。

なんかネガティブなことばっかり書いてるような気がする(笑)

でも、幻想を追いかけても人生しゃあないからな。

事実は事実で受け止めてや(笑)

逆にいいこともあげとこ。

熱い先生が多い

教育熱心な先生が多いですね。

やっぱ医学部は内容が内容なので、学生と先生の距離が近いんですよね。

勉強したい方は、質問とかいくと歓迎されるんで

頑張りたい方にはすごく良い環境が整っています。

早稲田とかだと、先生の名前も最後まで知らんかったとかいうこともあったような。

もっと医学部について知りたい方はこちらの本がおすすめです。

スポンサーリンク