スポンサーリンク

医学部再受験生が絶対に読んでおくべき勉強法の本 5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-shared-img-thumb-0I9A7044_TP_V

このブログを読みに来て頂いている受験生の方はネットが勉強法を
探している方がほとんどでしょう。
しかし、ネットにある情報は誰が書いたのかもわからないような
薄っぺらい内容の情報が多いです。
そんな情報なんて見ないほうがいいですよ。
ネットよりも本の方が出版というフィルターがかかっている分
情報の質は保証されています。
だから、勉強法を調べる場合、本から情報を得たほうがよいです。
無料で得られるネット上の情報には信用できないものも多いんですよね。
だからといって
「どの本から手をつければいいのかわかんねーよ」
ってなりますよね。
そんな方のために僕が実際に読んでおすすめできる本を紹介します。

最新脳科学が教える 高校生の勉強法

僕が紹介する勉強法にもこちらの本に書いているノウハウを用いたものが
いくつかあります。
著者が脳科学者だということもあって、書いている内容に説得力があるんですよね。
勉強法についてもっと科学的根拠を知ったうえで納得して試してみたいという方や
もっと自分に合った勉強法を探してみたいという方にオススメ!

図解 思考は現実化する

目的を設定して達成するという点においてビジネスと受験は似ています。
この本ではビジネスマンが成功するための成功哲学についての分析が図を用いて
分かりやすく説明されているのです。
人が目的を達成する方法を知りたいという方はぜひ読むとよいでしょう。
受験勉強だけでなく人生レベルを好転させてくれる良書です。

医者をめざす君たちへ 知っておかなければ損する「現実と未来」

受験勉強本の著者で超有名な和田秀樹氏が書いた本です。
少し古い本ですが、医療業界についての現在と未来が書かれています。
自分がこれから目指す職業がどんなものかを知ることでやる気の向上に
つながるはずです。
ぜひ一読をおすすめします。

ブラックジャック

このマンガを読んで医学部を目指すことにしたという方も少なくありません。
勉強で行き詰ったとき
「ほんまに医者になりたいんかな?」とか弱気になったりしたときに
ブラックジャックが格好良く人の命を救う姿を見ることで
もう一度頑張ろうと思えるんではないでしょうか。

受験で転身 官僚から医師へ―河辺式勉強法のすすめ

もう絶版の本なので紹介しようか迷いましたが、他にはないユニークな
勉強法が書かれている本なので紹介しますね。官僚から東大医学部に再入学した
方の本です。
参考書を色ペンで塗り分けるやり方、レコーダーに声で数学の公式を録音して聞いて
覚えるやり方、難しい問題は分けて考えるという考え方などユニークな勉強法が
数多く紹介されています。
特にいいのが、難しい問題は分けて考えるという考え方です。
例えば、数学の難しい問題でも、細かく分けて考えると最終的には
基本的な問題の集合になるということなのです。
興味がある方はamazonで中古で買うといいでしょう。

熱く生きる

天皇陛下の心臓外科手術の執刀医ときけばご存知の方もおおいはずです。

最近は、メディアへの露出が多いですから、テレビでみたことがある人も多いでしょうね。

そう、天野篤先生です。

なにしろ、経歴がかっこいいですよ。

3浪で日本大学医学部に入学し、大学卒業後は、医局には属さずひたすら腕を磨いたそうです。

そして、天皇陛下の執刀医になるほどの腕になりました。

つねに“いつも通り”ではなく、“いつも以上”を狙ってきた

引用元:私の職務経歴書

言葉もかっこいいです。

一流の医師がどういう考えをして、どういう人生を歩んできたのか?

それを知ることで、勉強のモチベーションもあがるかもしれません。

医者になってどうする!

ところで、あなたはなんで医師になりたいの?

って聞かれてすらすら答えられない人は読んだ方がいいですよ。

現役の医師が、医者の世界のリアルな実情をいいところも悪いところも

含めてぶっちゃけてくれています。

ただかっこいいから医師になりたいとか、そんな動機じゃ、やる気はでるわけないですよ。

本気で医師を目指すならば、受験生のときから、医師のリアルな世界を知っておくといいですよ。

モチベーションが間違いなく上がるはずです。

全国医歯薬197大学・学部最新ガイド 医学部に入る 2017

医学部に入るということをテーマに学費、医学生へのインタビュー、入試対策など

さまざまな観点から情報がまとめられています。

これから、医学部を目指すという方にぜひ読んでほしい一冊です。

スポンサーリンク