スポンサーリンク

1年で医学部に合格するための1日の計画(スケジュール)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

54cfe5e7075fb8bdf23f095f6a2a767e_s

スポンサーリンク

1年で医学部に合格するための1日のスケジュール

医学部に合格をしたときの「1日のスケジュール」を教えてほしいという要望が多いので紹介します。

何時に何の科目を勉強するかというのは特にこだわる必要はないでしょう。

時期によって勉強する科目も勉強時間も違うので、勉強時間の配分については、「1年間の計画」を参照してください。

ここでは、ぼくがどういう1日のスケジュールで毎日勉強していたかを公開します。

参考にできるところがあればしてください。

1年で医学部に合格した1日のスケジュール

9時起床

自転車で15分かけて「ミスタードーナッツ」へ移動

ジュースとドーナツを1個食べて生物を2時間くらい勉強

となりの「マクドナルド」へ移動し、コーヒーをいっぱい注文。

化学を2時間くらい勉強

自転車で5分かけて近くの喫茶店へ移動。

定食注文して食べる

数学を2時間くらい勉強

15分くらいかけて自宅へ移動。

17時くらいから近くの土手に行き往復(2kmくらい)を走る

帰ってきてから2時間くらい勉強

20時 夕食

2時間くらい勉強

10時半 勉強終了

パソコンで勉強法を調べたり自由な時間を過ごす

お風呂に入って1時頃に就寝

8時間睡眠

あくまでぼくの例ですが、基本的には、こんなふうに1日を過ごしていました。

完全に真似しろとはいいませんが、ぼくがこれだけは1日のスケジュールの中でやったほうが良いということをいくつか紹介したいと思います。

1日のスケジュールのポイント

1. 運動を毎日する

運動は毎日やりましょう。

1日中部屋にこもっていると精神衛生上よくないということもありますが、一番の理由は運動自体が記憶力をよくするというデータがあるからです。

以下の研究成果は、平成29年発表の最新のデータによります。

1. 10 分間の中強度運動によって、物事を正確に記憶するために重要な「類似記憶の識別能力」が向上することを、ヒトにおいて実証しました

2. これまで、海馬への運動効果は動物研究で多く検証されてきましたが、短時間の運動でも実際にヒトの海馬に関連する機能向上を示したのはこれが世界初です

出典:短時間の運動で記憶力が高まる 筑波大学

中強度運動が記憶力を向上させると書かれているので、ウォーキングではなく軽いランニングをおすすめします。

実際にぼくも毎日20~30分ほどのランニングをしていましたし、移動はすべて自転車で行っていたので一日に合計1時間ほどの運動を行っていたことになるのです。

もしかしたらぼくが1年で医学部に合格できたのも運動をしていたからなのかもしれません。

2. 自習室を使う

ぼくの場合図書館や自習室が近くにないので使えませんでした。

仕方なく喫茶店やファーストフード店で勉強していましたが

自習室を使えるなら使うべきです。

しかし、場所をかえることがぼくの場合、勉強の気分転換になっていたので

その点はよかったですね。

3. 睡眠をしっかりとる

睡眠はしっかりとった方がいいですね。

眠たいまま3時間勉強するくらいなら集中した状態で

1時間勉強した方が覚えられます。

睡眠時間は必ず7~8時間は確保すべきでしょう。

睡眠だけでなく健康を維持するために野菜をしっかりとることもした方がいいですね。

健康であってこそ勉強できるんですから。