センター試験数学の勉強法・おすすめ参考書(2次試験対策も)【医学部受験】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-shared-img-thumb-ELL75_yousyohondana20120620_TP_V

数学の勉強法

1年でゼロから数学のすべての分野をマスターするのははっきり言って無理です。

それだけ数学は量が多くて膨大なのです。

だから、一通り勉強しても、苦手な分野が出てきてしまいます。

最終的に合格点をとるためには、微分積分や確立などの頻出分野を重点的に

勉強をしていくことが戦略上重要なのではないでしょうか。

これから紹介する勉強の戦略はセンター試験、2次試験で共通するものとなります。

大学受験参考書を勉強する前の基礎の基礎

数学の基礎の基礎は計算力です。

いくら解法をごりごり覚えても途中で計算を間違えたら不正解になってしまうのです。

計算力がつくと、暗算が出来るので、実際に計算するまでもなくある程度解法が使えるか
の見通しも立つことでしょう。

あの有名な灘高校でも基本的な計算力をつけるための小テストが数多く行なわれていると
いいます。

計算力は1日で問題集を解いたからといってつくものではありません。

毎日5分でいいので時間を割いて以下の参考書を進めていきましょう。

計算力をつけるためのドリル

以下の問題集が基礎の基礎となる計算力をつけるのに最適です。

分量も多くて簡単だからです。

ドリルのやり方

必ず時間を測って解きます。1日10分程度で解けるとこまででいいです。

基本的に簡単な問題は暗算でこなせなければいけません。

到達目標は各ページ1,2分で解いて、かつ満点ということになります。

おすすめ参考書

網羅系問題集のおすすめ参考書

網羅系問題集は青チャート、フォーカス ゴールドなど数多くありますが、

初学者が取り組むには、黄チャートがオススメです。

難しすぎず、簡単すぎることもないのでスラスラ進んでいけるでしょう。

ただ、一部悪い問題が含まれているので注意してください。

難しければ、とばしても結構です。

後で戻ってきたときには、2回できるようになってたなんてことはよくありますからね。

黄チャートが終わった方は、1対1対応の演習シリーズで演習をしていきます。

黄チャートで覚えた解法パターンを組み合わせて、受験レベルの応用問題集を解けるようにしていきます。

数学で最終的に到達したいのは1対1対応の演習シリーズをマスターすることを目標にすればいいでしょう。

1対1対応の演習のすべての例題をマスターしさえすれば全国どこの医学部でも合格点がとれますよ。

逆に黄チャートだけではかなり厳しいでしょうね。

1対1対応の演習で2次試験レベルの問題を解く方法を身に着けていないと厳しいですよ。

また、僕は、数学で一切勉強していない分野があります。

主に二次曲線とかですね。

志望校に出ない分野は勉強する必要がないので、とばしてくださいね。

参考書への取り組み方

黄チャートと1対1対応の演習は例題だけをやります。

練習問題をやっていては終わりませんから、しなくていいです。

基本的な数学の問題集のやり方はこうです。

まずは解いてみる

5分程度考えて分からなければ、答えを理解できるまで何度も読む

紙に書いたり、言葉で解法を説明してみる

完璧に答えを再現できれば、次にすすむ

解けなかった問題は×をつける
解けたが、理解不足な問題には△をつける

効率的な復習のやり方」に基づいて復習する

以上の流れを繰り返す

※初学者のうちは時間がかかりますが、答えを「紙に書く」ことをおすすめします。

慣れてくると、頭の中だけで考えて、紙に書かずに復習することができるように
なるでしょう。

受験レベルの計算問題集のおすすめ参考書

黄チャートや1対1対応の演習と並行して受験レベルの計算を訓練する必要があります。

合格る計算がおすすめです。体系的にわかりやすくまとめられていて、難易度もベストです。

これにかわる問題集は今のところないでしょう。

ぼくが自信を持って一番おすすめしたい参考書です。

合格る計算は1日30分くらいで2テーマくらい進めていけばいいでしょう。

計算ミスが多い人もこういう問題集で訓練を積めば必ずミスは減りますよ。

もちろん「効率的な復習のやり方」に基づいて復習してくださいね。

過去問

後はセンター試験過去問と志望校の過去問をこなすのみ。

センター試験数学で計算ミスをよくする方へ

センター試験で単純な計算ミスをしてしまう方は、計算のやり方自体に問題があるのではないでしょうか。

この参考書では、ミスのしにくい計算法が紹介されていて目からうろこの情報もいくつかありました。

計算ミスで悩んでいる方は一度見てみるといいでしょう。

「確率」対策の参考書 (追記2016年4月1日)

確率の分野だけは今まで述べた参考書では不十分です。

追加というよりもこのたった1冊の参考書をすれば十分となります。

「ハッとめざめる確率」だけやれば全国どこの医学部の2次試験でも確率の分野では合格点を取れるようになること間違いなし。

それくらいの鉄板の名著です。

数学が独学だとちょっと心配だなという方は、スタディサプリがおすすめです。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

苦手な分野だけ見るだけでも理解が深まっていいですよ。

スポンサーリンク

『センター試験数学の勉強法・おすすめ参考書(2次試験対策も)【医学部受験】』へのコメント

  1. 名前:koushuu 投稿日:2015/07/09(木) 11:48:13 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    解法パターン暗記用参考書
    数学の勉強でメインとなるのが解法パターンの暗記です。
    以下の参考書を何度も繰り返し覚えていきます。
    黄色チャートシリーズ

    1対1対応の演習シリーズ
    地方国立医学部ならここまで
    -------------------------------
    とありますが、例題の下の練習問題等、すべてをやりましたか?

  2. 名前:私文卒から再受験。1年で国立大学医学部合格・一之瀬陽翔 投稿日:2015/07/09(木) 16:04:27 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >koushuuさん
    僕がやったのは例題だけです。

  3. 名前:koushuu 投稿日:2015/07/10(金) 22:09:36 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    数学の解法パターンを暗記するとき、読みだけで記憶しましたか、紙に書いて記憶しましたか、または、読む、書く、併用して、記憶しましたか。
    本では、読むだけとなっていましたが…。

  4. 名前:私文卒から再受験。1年で国立大学医学部合格・一之瀬陽翔 投稿日:2015/07/10(金) 22:46:52 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >koushuuさん
    6月くらいまでは書いてました。
    その後、書かないやり方にきりかえました。
    初学のうちから書かないのは厳しいと思いますゆえに、最初は書いて理解を深めつつ、途中から切り替えていった方がよいと思います。

  5. 名前:kaga 投稿日:2015/07/13(月) 21:50:35 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    再受験の勉強時間は、1日何時間くらいでしたか?

  6. 名前:私文卒から再受験。1年で国立大学医学部合格・一之瀬陽翔 投稿日:2015/07/13(月) 21:53:32 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >kagaさん
    平均11時間くらいでした。