スポンサーリンク

医学部合格のためのセンター国語勉強法|おすすめ参考書とやり方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7d3bc29863e43257f20aa1fdbfd68057_s

スポンサーリンク

センター試験国語の勉強戦略(時間がない方向け)

分量が多くてもいいから国語の力を確実につけたい人は以下を参照してください。

センター試験国語の勉強戦略(国語で9割以上取りたい方向け)

この記事の対象者は以下のようになります。

・2次試験が理科もあって国語にかける時間がない方
・国語の配点が低い医学部を受ける方
・数学の勉強に時間をまわしたい方

おすすめ参考書

古文のおすすめ参考書

正直ゴロを使った方が覚えれます。だから、単語を知っていたら解ける問題
には有効です。
しかし、単語の意味をいちいちゴロから思い出さねばならず、読む速度が遅くなってしまうのが
デメリットですね。
それでもさっさと最低限の単語だけ覚えたいという方はこちらを使えばいいでしょう。

古典文法はこの一冊を完璧にしていたらいいです。

仕上げに満点のコツでセンター試験古文の解き方をマスターすればいいです。

漢文のおすすめ参考書

漢文もゴロで覚えてしまうのが一番覚えやすいです。単語帳はこれだけで十分です。

最後にのっている文章を何度も暗唱して覚えれば句形の基本はマスター出来ます。

現代文(評論・小説)のおすすめ参考書

センター試験対策はこれ1冊で十分でしょう。

きめる! センター現代文の演習編です。きめる! センター現代文で覚えた解き方を
演習を通して身につけます。

センター試験 過去問演習

最後はセンター試験過去問にとりくみます。
過去問は本番のつもりで取り組んできっちりと時間を計ります。
必ず10年分は必ず取り組んでください。
国語って復習しない人が多いんですが、時間が経ったら必ずもう一度解きなおすこと。
そのとき、答えを覚えていてもいいです。
どうやって答えに至るかという過程をしっかりと身につけること。

国語が独学だとちょっと心配だなという方は、スタディサプリがおすすめです。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

苦手な分野だけ見るだけでも理解が深まっていいですよ。