医学部合格者のみが知っているたった1つの真実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あと、3点で合格だったのに・・・」

「この問題さえ解けていれば・・・」

っていう方に向けて書いた記事です。

✅ お得情報

今日は年に1度のAmazonプライムデーの日!

プライム会員ならAmazonが1年で最も安くなります

50%以上安いなんて甘い!70%OFFとかも普通にあるんです

買いたい物があるなら、今日買っておかないと損ですよ!

Amazonプライムデーおすすめ商品10選

おすすめ商品はこちらです

あと3点で合格はまったく惜しくない

ネットで勉強法を調べていたとき、成績開示したところ「後、3点で合格だったのに」と言っている医学部受験生がたくさんいました。

僕は思いました。

「まったく惜しくないよ」

おそらくこの医学部受験生の方は、たった3点あれば合格していたと考えたんしょう。

でも、このたった3点が、越えるのが難しい大きな壁なんです。

なぜなら、点数的にはたった3点いうのは惜しいように思われますが、この3点の間に数十人の受験生たちがいるのです。

全力を尽くして受けた結果から、たった3点を伸ばすためには、根本的に勉強のやり方を変えなければいけません。

センター試験50点から53点にするのとは、わけが違うのです。

結果を変えるためには過程を見直す必要があります。

この3点を確実にとりにいくために、”まとめノートつくり”、”赤本の分析の徹底”を行いましょう。