スポンサーリンク

【医学部受験】科目(教科)ごとの勉強時間を決める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どの科目をどれくらい勉強したらいいのかわからない」

「数学ばっかり勉強しているけど大丈夫なの?」

という方に向けて記事を書きました。

スポンサーリンク

科目(教科)ごとの勉強時間を決める方法

医学部受験は科目が多いです。

科目ごとの配点もぜんぜん違います。

だから、全部の科目を1時間ずつ勉強するといったやり方ではいけません。

これから、科目ごとの勉強時間を決める方法を説明します。

勉強時間の配分についてまとめる。

志望する医学部のセンター試験・二次試験の合計点数の内訳を調べます。

国公立大学医学部の配点で、各医学部の配点を調べることができます。

たとえば、

A大学
国語   200点(20%)

数学   500点(50%)
化学   100点(10%)
生物   100点(10%)
倫理政経 100点(10%)
※()内は全体に占める点数の割合を示す

といった内訳だったとします。

すると、1日の勉強時間が10時間である時、この内訳どおりに

1日10時間勉強する場合
国語2時間

数学5時間
化学1時間
生物1時間
倫理政経1時間

というように勉強時間を配分します。

夏まではこのように勉強時間を配分するのが基本です。

そして、夏以降の模試による成績によって、得意科目の勉強時間をへらし、苦手科目の勉強時間をふやしましょう。

おわりに

1科目だけ得意でも医学部は合格できません。

全部の科目がそこそこできる方が医学部受検では有利なんです。

勉強時間の配分をいままで適当にしていた方は、この記事を参考に
かえてみるといいですよ。