スポンサーリンク

生理学おすすめ本・教科書・参考書10選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理学おすすめ教科書・参考書・本

生理学おすすめ本・教科書・参考書を紹介します。

国家試験やテスト対策のための本を探している方、わかりやすい本を探している方、本気で勉強したい方ごとに役立つ生理学の本や教科書を厳選しました。

教科書選びの参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

生理学おすすめ本・教科書|国家試験・テスト対策ならコレ!

解剖生理学 超速! ゴロ勉

生理学の試験に出るポイントをゴロとイラストで簡単に覚えることができる本です。

個性的なキャラクターのイラストのおかげで、ゴロが強烈に記憶に残ります。

声優がゴロをイケメンボイスで読み上げた音声もついているので、聴き込むことで簡単に覚えることができるでしょう

医学生はもちろん、看護学生や薬学生など、生理学が国家試験に出てくる全ての学生におすすめの生理学の本です。

のほほん解剖生理学

マンガっぽいイラストのキャラ達が解剖生理学をわかりやすく解説してくれる本。

初学者でもわかりやすいので、生理学の入門書として最適です。

看護学生で使っている人が多いとのことですが、他の医療従事者の人も本格的に生理学を勉強する前に読む本として使ってもいいと思います。

解剖生理学おすすめ本・教科書|入門書ならコレ!

人体の正常構造と機能

医療従事者を目指す方で、解剖学と生理学を同時に学びたい方にオススメの本です。

これをやった後に、標準生理学に入るのもいいでしょう。

循環器、呼吸器などといった分野別に生理学を学ぶことができます。

かなり分厚いので、辞書的に使うことになると思います。

しかし、生理学という学問は大きく内容が変化することがありません。

一度買えば10年使える教科書となるでしょう。

何か疑問があったときに、これを開くと答えが見つかるはずです。

全ての医療従事者に持っておいて欲しい一冊!

何といっても電子書籍が無料で付いてくるのがいいですよ。

スマホのアプリでサクッと読むことができる生理学の教科書はこの本だけだと思います。

生理学おすすめ本・教科書 本気で勉強する人向け!

本気で勉強したい方向けの生理学おすすめ本・教科書を紹介します。

生理学を専門に勉強する人や医学生、薬学生、医療従事者向けの生理学のおすすめ本を厳選しました。

1位 標準生理学

生理学の範囲が全て網羅されている1番おすすめできる生理学の本です。

日本人が書いたものなので、わかりやすく書かれています。

すべてのページにイラストがついているほど、絵がたくさんのっているので理解しやすいです。

文章も、論理的に説明してくれているので、納得できますよ。

日本で最も売れている生理学の教科書だと思います。

私の所属する医学部でも生理学の授業ではみんな標準生理学を使っていました。

これを買っておけば間違いなしの一冊です。

かなり分厚いので、勉強したい分野だけを辞書的に使うのがいいでしょう。

2位 イラストレイテッド生理学

イラストレイテッド生理学の特徴はイラストが最も多いことです。

標準生理学よりもイラストが多く、各ページの3分の1程度はイラストが占めています。

なので、視覚的に理解したい方におすすめの本です。

標準生理学よりもとっつきやすくなっています。

医学生はもちろん、医療従事者を目指す薬学生や看護学生にもおすすめですね。

理解を高めるための問題や章ごとに簡単なまとめが書かれている工夫も好感がもてます。

海外の教科書を翻訳したものですが、標準生理学よりもボリュームは少ないのに、内容が網羅できているかなりの良著です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする